ネット証券のメリットは、オンラインで口座開設の申し込みが完結する点だ。

ほとんどのネット証券では、申し込みフォームに必要事項を記入して、本人確認書類とマイナンバーが確認できる書類をアップロードすれば口座開設の申し込みは完了する。
ただし、口座開設の申し込みをしてから実際に取引を開始できるまでの日数は当日から1週間程度と証券会社によって大きく異なる。

すぐに株式取引を始めたい人向けに、各証券会社の口座開設までの日数を紹介する。

目次

  1. 証券会社ごとの口座開設までの日数
  2. 証券口座の開設方法
  3. DMM.com証券——最短即日口座開設可能
  4. SBI証券——最短翌営業日に取引可能
  5. マネックス証券——最短翌営業日に取引可能
  6. 実際に株式投資を始めてみる

証券会社ごとの口座開設までの日数

主要ネット証券9社の口座開設までの最短の日数は以下のとおりだ。

ネット証券会社名 口座開設までの日数
DMM.com証券 最短当日
SBI証券 最短翌営業日
マネックス証券 最短翌営業日
楽天証券 最短翌営業日
au カブコム証券 最短翌々営業日
松井証券 最短4営業日
GMOクリック証券 最短4営業日
ライブスター証券 約1週間
岡三オンライン証券 約1週間

※2020年7月6日現在

証券口座の開設方法

ネット証券で口座を開設する方法は、大きく分けて以下の2つだ。

  • 郵送による申し込み
  • 郵送による申し込みは、証券会社に必要事項を記入した申込書類と本人確認のための書類を郵送で提出する申込方法だ。

    申し込みに必要な書類はネットまたは電話で証券会社に問い合わせれば送付してもらえる。

    ただし、郵送のため口座開設にかかる時間は最短でも1週間程度と長くなるので、すぐに株式取引を始めたい人には向かない方法だろう。

  • ネットでの申し込み
  • ネットでの申し込みは、証券会社の公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入する方法だ。

    ネットでの申し込みでも、以下のような種類がある。

    • 本人確認書類のみ証券会社に郵送
    • 本人確認書類をネットでアップロード
    • スマートフォンで本人確認

    証券会社にもよるが、「スマートフォンで本人確認」の方法が口座開設までの日数が最も短い。スマートフォンで本人確認書類と顔写真を撮影するだけなので、手間もかからずおすすめだ。DMM.com証券SBI証券マネックス証券などがスマートフォンでの本人確認に対応している。

    DMM.com証券——最短即日口座開設可能

    DMM.com証券では、最短で当日に証券口座を開設することができる。
    DMM.com証券はネット証券の中でも手数料が安く、米国株の取引では手数料が無料という強みを持つ証券会社だ。

    DMM.com証券で最短で証券口座を開設する方法を紹介しよう。

    1. DMM.com証券の公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入
    2. 申し込みフォームにしたがって、名前、住所、連絡先、職業などの必要事項を入力する。

    3. 本人確認書類・マイナンバー確認書類のアップロード
    4. DMM.com証券では本人確認書類およびマイナンバーの確認書類の提出方法を、「スマホでスピード本人確認」、アップロード、メール、FAX、郵送の5種類から選ぶことができる。
      最短で証券口座を開設するためには「スマホでスピード本人確認」を選び、スマートフォンで顔写真と本人確認書類を撮影して本人確認を完了させればよい。

      このときに必要となる書類は、以下のどちらかだ。
      ・マイナンバーカード (個人番号カード)
      ・マイナンバー通知カード+運転免許証

      DMM.com証券口座開設
      (画像出典 : DMM.com証券口座開設)

    5. 口座開設完了メールから本人認証を行う
    6. 本人確認書類の提出後証券会社で審査が完了すると、本人認証用のURLが記載された口座開設完了メールが届く。

      URLから本人認証を行うとWeb上で口座IDと初期パスワードが表示されるので、このIDとパスワードでログインすれば取引可能になる。

    SBI証券——最短翌営業日に取引可能

    SBI証券では、最短で申し込みの翌日には取引が可能だ。
    SBI証券は口座開設数500万を超える人気No.1のネット証券であり、初心者にもおすすめの証券会社だ。

    SBI証券で最短で口座開設する方法を紹介しよう

    1. 口座開設申し込みページでメールアドレスを入力する
    2. SBI証券公式サイトの口座開設申し込みページでメールアドレスを入力して送信しよう。送信後、登録したメールアドレスにSBI証券から認証コードの書かれたメールが届く。

    3. 必要事項の記入
    4. SBI証券から届いたメールに書かれた認証コードを入力すると、必要事項を入力するフォームが表示される。
      このフォームに従って、名前や住所、連絡先、職業などの必要事項を記入する。このとき、口座開設方法を選択する必要があるが、最短で口座開設したいなら「ネットで口座開設」を選択しよう。

    5. 本人確認書類の提出
    6. SBI証券の発行したユーザーネームとパスワードでログインして、本人確認書類を提出する。
      「ネットで口座開設」の場合、本人確認書類の提出はスマートフォンで撮影して提出する方法と、保存してある画像を提出する方法のどちらかから選べるが、最短で口座開設するためには、スマートフォンで撮影して提出しよう。

      提出書類は、以下のどちらかから選べる。
      ・マイナンバーカード (個人番号カード)
      ・マイナンバー通知カード+運転免許証

      SBI証券口座開設
      (画像出典 : SBI証券口座開設)

    7. 口座開設通知を受け取る
    8. 口座開設の審査が終了すると、SBI証券から口座開設完了通知のメールが届く。
      このメールに取引パスワード設定ページのリンクがあるので、このページで取引パスワードを設定すれば取引可能になる。

    マネックス証券——最短翌営業日に取引可能

    マネックス証券もSBI証券と同様、オンラインでの口座開設申し込みで最短翌日には口座開設可能なネット証券だ。

    マネックス証券の口座開設の流れは以下のとおりだ。

    1. 口座開設申し込みページでメールアドレスを入力する
    2. マネックス証券公式サイトの口座開設申し込みページでメールアドレスを入力して送信しよう。送信後、登録したメールアドレスに「口座開設お申込み手続きのご案内」のメールが届く。

    3. 必要事項の入力・本人確認書類の提出
    4. 「口座開設お申込み手続きのご案内」というメールに記載のURLから口座開設の申し込み画面を開き、画面の指示に従って必要事項を記入する。

      本人確認の提出書類は以下のどちらかから選べる
      ・マイナンバーカード (個人番号カード)
      ・マイナンバー通知カード+運転免許証

    5. 口座開設通知を受け取る
    6. 口座開設の審査が終了すると、マネックス証券から口座開設完了通知のメールが届く。
      メールに記載のログインIDとパスワードでログインすると、取引可能になる。

    実際に株式投資を始めてみる

    株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

    ■ 手数料が業界最安値水準なうえに取引でポイントがたまるDMM.com証券

    ■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位

    ■米国株の取り扱いに強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い

    ■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える

    ■株主優待名人の桐谷さんも開設、1日50万円以下の株式取引の手数料が0円

    ■業界最安水準の手数料が売り

    ■どの約定金額でも手数料最安レベル
    >> GMOクリック証券の口座開設はこちら(無料)

    ■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
    >> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら(無料)

    【2020年最新版】つみたてNISAおすすめランキング
    元本800万円は20年でどこまで増える?
    仕組み債とは?仕組みとメリット、リスクを解説
    「つみたてNISA」と「iDeCo」 どちらを選ぶべきか
    国際分散投資のススメ

    <関連記事>
    ネット証券会社比較 手数料の安い4社 松井、DMM、GMOクリック、ライブスター(PR)
    証券会社のネット口座開設数ランキング1位は?上位5社の特徴も紹介(PR)
    ネット証券会社のシェアランキング1位はSBI証券 新規口座開設数や売買代金etc(PR)
    ネット証券の口座を開設する方法 最短1日で口座開設も可能(PR)
    人気のネット証券・楽天証券のメリットとデメリット SBI証券と比較(PR)