バンクビジネス
(画像=PIXTA)

コロナショック&非対面営業推奨の状況下、投資信託を保有する先へのフォローをどう行うか─。本特集では、いま担当者が押さえておくべきフォローの要点&非対面活動のノウハウを解説します。

投資信託を保有するお客様へのアフターフォローの基本姿勢は、ここに挙げる「5原則」に集約されます。いま預かり資産担当者に求められるフォローの考え方や行動を改めて確認しておきましょう!

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

原則1 まずは落ち着いて冷静に現況を把握しよう

コロナショックのように急激なマーケットの混乱・大きな値動きがあった過去の「ショック」時には、当時の担当者も皆さん同様不安になったもの。そんな先輩担当者たちがとった行動は「冷静な現況把握」。どんなときでも、タイムリーな情報を可能な限り集めてフォローに備えておきましょう。

原則2 過去の相場急変時の値動きと推移を知らせよう