バンクビジネス
(画像=PIXTA)

STEP1 ビジネス電話のマナーと話し方を身につけよう

オンライン会議やビデオ通話では、メイクなど顔を出すための準備、「小さな子供がいるので家族の協力が必要」など、何かと環境整備が求められます。その点、電話は気軽に利用できますし、ちょっとしたやりとりに最も向いています。

電話営業に苦手意識を持つ若手担当者が多いですが、最低限のマナーや好印象につながるテクニックを身につけるだけで、電話は効果的に利用できます。電話にかかる3つのフェーズごとに、意識すべきポイントを解説します。

電話をかける前に…

・用件をメモして手元に置く
・トークスクリプトを作る
・静かな場所を見つける

そもそも「電話は嫌い」という人は多いです。特に「こちらの都合無視でかかってくる」「仕事のペースを乱される」といった理由が挙がると思います。

そこで「かける側」としては、短時間で用件を済ませられるよう、電話をかける前に準備をしておきましょう。まず電話をかける前に、伝え忘れや漏れがないよう用件をメモにまとめておきます。

電話越しの会話に慣れていないようであれば、通話がしどろもどろにならないよう、「トークスクリプト」を用意できるとベストです。自分でスクリプトを作る場合は「口にしやすい言葉」を選ぶとよいでしょう。実践の前に必ず声に出して読んでみて、発音しやすいかどうかチェックしましょう。