楽天証券は、2020年3月時点で証券口座数が400万口座を超えた人気のネット証券だ。
楽天証券の人気の理由の1つはその取引手数料の安さだが、実際どれくらい安いのだろうか。

楽天証券の国内株式の現物取引手数料は、約定ごとに取引手数料がかかる「超割コース」と1日の約定金額に応じて取引手数料がかかる「いちにち定額コース」の2つのコースから選ぶことができる。

楽天証券のこの2つの手数料プランについて、SBI証券や松井証券などの他の証券会社よりも安いのか、またどちらのプランがより手数料を安く抑えられるのか解説していこう。

楽天証券の国内株式手数料を比較

1約定ごとの取引手数料

楽天証券の「超割コース」では、1約定(1回の取引)ごとに取引手数料がかかる。

楽天証券の「超割コース」の取引手数料を、ネット証券大手3社と比較した。

国内現物株式取引手数料比較
証券会社 約定金額
10万円 50万円 100万円
楽天証券 99円 275円 535円
SBI証券 99円 275円 535円
マネックス証券 110円 495円 1,100円
SMBC
日興証券
137円 440円 880円
108円 385円 660円
※SBI証券はスタンダードプラン

楽天証券の「超割コース」の取引手数料は、どの金額帯でもSBI証券と並んで安いため、取引手数料を安く抑えることができるだろう。

1日の約定金額あたりの取引手数料

楽天証券のもう1つの手数料プラン「いちにち定額コース」は、1日の約定金額の合計でその日の取引手数料が決まるプランだ。

楽天証券の「いちにち定額コース」を他の証券会社の定額制の取引手数料と比較しよう。

国内現物株式取引手数料比較
証券会社 1日の合計約定金額
50万円 100万円 300万円
楽天証券 0円 943円 3,300円
SBI証券 0円 838円 1,718円
松井証券 0円 1,100円 3,300円
0円 880円 1,980円
マネックス証券 2,750円 2,750円 2,750円
※SBI証券はアクティブプラン
※岡三オンライン証券は定額プラン

楽天証券の「いちにち定額コース」は他の大手ネット証券と同じく、1日の約定金額が50万円までならば取引手数料が無料になる。

一方、300万円比較的高額帯での取引手数料はSBI証券や岡三オンライン証券に若干劣るため、定額プランで取引したいならSBI証券を検討してもいいだろう。

どちらのコースの方が手数料がお得?

楽天証券の「超割コース」と「いちにち定額コース」どちらが手数料を安く抑えられるのだろうか。

1日の取引金額ごとに、それぞれのコースでどれくらい手数料がかかるのかシミュレーションした。

1日の合計
約定金額
超割コース いちにち
定額コース
50万円以下 275円 0円
50万円超〜
100万円以下
550円 943円
100万円超 550円〜
100万円ごとに
550円増加
838円〜
100万円ごとに
1,100円増加
※株価5,000円の株を100株ずつ取引した場合のシミュレーション

1回ごとの取引金額によっても多少変わるが、手数料がお得になるのは以下の通りだ。

  • 1日の約定金額が50万円以下なら「いちにち定額コース」
  • 50万円を超えるなら「超割コース」

楽天証券の外国株式取引手数料

楽天証券では、米国、中国と、ASEANのシンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの4ヶ国の計6ヶ国の外国株式を取り扱っている。

国内の証券会社としては、SBI証券の9ヶ国に次いで多い取扱い状況だ。

今回は主要な米国株と中国株について、楽天証券とその他の証券会社を比較した。

なお、米国株を取り扱っている証券会社のより詳細な比較は、「米国株投資をするなら口座開設を検討したい証券会社5社」を参考にするといいだろう。

楽天証券の米国株取引手数料比較

2.22米ドル以下 4444.45米ドル以下 4444.45米ドル超
楽天証券 0円 約定代金の0.495% 22米ドル
SBI証券 0円 約定代金の0.495% 22米ドル
マネックス証券 約定代金の0.495% 約定代金の0.495% 22米ドル
DMM.com証券 0円 0円 0円

米国株の取引手数料では、DMM.com証券を除いて主要ネット証券3社が並ぶ結果となった。DMM.com証券は取扱銘柄こそ少ないが、米国株の取引手数料無料化で他のネット証券を圧倒している。

ただし、米国株取引で楽天証券を選ぶメリットもある。それは、米国ETFの取扱いが上記の4社の中でもっとも多く、買付手数料が無料の米国ETFもあるということだ。

今人気の米国ETFに興味があるなら、楽天証券の口座開設を検討してみるとよいだろう。

楽天証券の中国株取引手数料比較

次に楽天証券の中国株の取引手数料も他の証券会社と比較しよう。

取引手数料 最低手数料 上限手数料
楽天証券 約定代金の0.5% 500円 5,000円
SBI証券 約定代金の0.26% 47香港ドル 470香港ドル
マネックス証券 約定代金の0.25% 45香港ドル 450香港ドル
450香港ドルは約6,300円
470香港ドルは約6,580円


中国株の取引手数料では、SBI証券とマネックス証券が楽天証券に一歩リードする形だ。

ただし楽天証券の上限手数料は5,000円と、他の2社よりも安く抑えられている。比較的大きな資金で中国株に投資するなら楽天証券の方が取引ごとに1,500円程度お得になる。

また、楽天証券は中国株でもETF取扱数が豊富だ。米国ETFと同様、海外ETFで安定的な投資をしたいなら楽天証券がおすすめだ。

楽天証券が向いている人

ここまでで楽天証券の手数料について、他の証券会社と比較しながら紹介してきた。

結局楽天証券の手数料はどんな投資をする人ならお得なのだろうか。以下に楽天証券が向いている人を紹介する。

  • 少額から投資を始めたい初心者
  • 1日の約定金額が50万円以下になるような人なら、楽天証券の「いちにち定額コース」がおすすめだ。手数料0円で株式を売買できるので、利益を最大化できるのが嬉しい。

  • 海外ETFに投資したい人
  • 海外ETFに投資したいなら、海外ETFの取扱いが豊富な楽天証券がおすすめだ。
    近年人気の米国ETFも、SBI証券やマネックス証券を超える取扱商品数を誇る楽天証券は、ETF投資におすすめだ。