業績は支店長の腕次第!【第25回】第4原則「部下を活性化させ一丸とする」その③
(画像=PIXTA)

部下と上下関係ではなく「信頼関係」を築く

危機下にはリーダーの資質が表れる

話が少し横道にそれるが、このところ窓口には返済猶予や新規融資など「資金繰り」に関する相談が多く寄せられていると思う。支店長は、多忙な中で「行職員とお客様の安心・安全」を最優先に細心の注意を払いながら、お客様に寄り添い親身になって対応をしていく必要があり、心身ともに負担は重い。

新型コロナウイルスは夏場に落ち着きを見せても風邪やインフルエンザの発熱患者と重なる秋冬にはより厳しい第2波・第3波が来るともいわれており、長期戦を覚悟しておく必要がありそうだ。

頭取・理事長や役員、部長や支店長といったリーダーの資質は危機下において如実に表れる。なぜなら、危機下では平時の内部諸規定や前例踏襲が通用せず、ボトムアップで対処している時間的ゆとりもないからだ。