これでナットク!外貨建て保険の説明ノウハウ【2】
(画像=PIXTA)

これでナットク!外貨建て保険の説明ノウハウ【1】

Q1 積立利率って何?どこに適用されるの?

保険商品の場合、積立利率とは「定額部分の積立運用の利率」を指す。例として次の商品の場合はどうなるか、考えてみよう。
・積立保証期間10年
・運用通貨は米ドル。積立利率1・5%
・運用金額の割合は定額部分85%、変額部分15%

この場合、積立利率1・5%はあくまで定額部分85%のところに適用される。一方、変額部分15%からは保険関係費用や運用関係費用が差し引かれるうえ株や債券で運用が行われるため、単純に定額部分と同じように考えると、お客様には誤解が生じる。

この商品の場合、定額部分が1・5%を10年間積み上げていくため、米ドル建てで10年後の元本(定額部分85%と、変額部分15%の合計100%)は保証される。

一方、変額部分15%は株や債券といった価格変動にさらされているが、これがあるからこそ早い段階で110%や130%などのターゲットに到達する可能が出てくるというわけだ。

積立利率の適用は全体ではなく定額部分