現場の担当者の声から考える クイックレスポンスを阻む問題と実現のための取組み
(画像=PIXTA)

融資の申込みに対してスピーディーな審査結果の回答・貸出実行をどう実現させるか──。
コロナ禍だからこそ特に重視される「融資クイックレスポンス」の実践方法を解説する。

新型コロナウイルスの影響で、多くの取引先が資金繰りに苦しんでいる。金融機関の融資窓口には取引先からの相談が殺到し、「売上が激減して手元資金が足りない」「次の支払いに充てる資金がない」──このような切実な声が寄せられているはずだ。

そこで重要になるのが「クイックレスポンス=迅速な対応」である。金融機関は従来からクイックレスポンスを標ぼうしてきたが、コロナ禍ではお題目ではなく本当の意味での「クイックレスポンス」が問われている。

そこで本稿では、現役行職員や中小企業支援の関係者にインタビューを実施。そのコメントを紹介しながら、金融機関は本当に取引先が望むクイックレスポンスを実現できているのか、実現できていないとしたら何がハードルとなっているのか見ていこう。

取引先が望む日数では物理的に回答が難しい