こんな工夫で回答・実行までの時間を短縮しよう【1】
(画像=PIXTA)

融資申込みから契約までの各場面において、クイックレスポンスにつながる工夫を紹介する。
井村清志

「相談・申込み」を受けたらこんな工夫で時間短縮!

1 稟議書を埋めるように必要事由や業績を質問

取引先から融資の事前打診や申込みを受けた場合、クイックレスポンスのためにはこの時点で融資が必要になった要因や足元の業績をしっかりヒアリングしたい。

ここで思い浮かべてほしいのが、融資の稟議書だ。稟議書には必ず資金の必要事由や足元の業績を記載する欄がある。また、取引先から融資の打診を受けて支店長などの関係者と協議を行う際には、必ず「どうしてお金が必要になったのか」「最近の業績はどうなのか」といった質問を受ける。