銀行
(画像=PIXTA)

金融機関の営業担当者と話をするとき、お客様は金融市場のみならず、経済や経済政策のプロと話していると感じています。特に預かり資産担当者ならおのずと、雑談はマーケット・金融・経済・金融政策・経済政策といった内容にもなります。

皆さんとしては「待ってました!」かもしれませんし、皆さんからそうした話題を振ることも多いかもしれませんが、意外と注意が必要なのです。

「製造業で働く30代前半の男性のお客様」を想定してみましょう。お客様は、世界の株式に投資する積立投資信託で運用をしています。「一般的なビジネスパーソンとして新聞や経済雑誌などに目を通すことはあり、詳しくはないものの、マーケット情報に興味がある」というのが前提です。

マーケットの時事ネタ+知識系の情報の合わせ技が○