「AI(人工知能)は間違いなく都市交通の安全性と効率性に革命を起こす」——。中国の最大都市・上海で新たに自動運転タクシーのサービス実証をスタートさせた中国の滴滴出行(Didi Chuxing)。同社の程維CEO(最高経営責任者)はこう強調した。

AIを活用した移動サービスでヒューマンエラーによる交通事故が起こらない世の中を創り出すことに意欲を示しつつ、人の運転を伴わずに24時間運行できる自動運転タクシーを実用化することで車両の活用効率を高めるということも見据えた発言と言える。

連載「経営トップ、発言の真意——WORDS by EXECUTIVE」の第27回では、ライドシェア最大手・滴滴出行の程維CEOの発言に焦点を当て、将来有望とされている自動運転タクシーを巡る業界動向などについて解説していく。

自動運転と安全、自動運転タクシーと収益性

WORDS by EXECUTIVE #27,経営者,程維,Didi Chuxing,滴滴出行,経営トップ,連載
(画像=China News Service/Getty Images, ZUU online)

運転をコンピュータに任せるということに、不安を覚える人も少なくないかもしれない。ただ、人間なら「死角」となる範囲もカバーできるセンサーを車両に搭載し、自動運転の「脳」に相当するAIにさまざまな交通シーンを学習させれば、事故のリスクを極限まで抑えることができる。