消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、手軽な方法で現金の借り入れをしている人も多いでしょう。しかし高い金利を考えると、もっと金利負担が少ない会社への借り換えを希望する人もいるのではないでしょうか。

金利は会社によっても、利用者の与信によっても変わってきます。その中で、メガバンクの一角である三井住友銀行のカードローンサービスは、原則的に低い金利や、返済方法が多彩であることが人気を集めています。

審査基準はどちらかといえば厳しい部類ですが、メリットは大きく、とりわけ借り換えに利用するには最適なサービスです。この記事では借り換えと三井住友銀行カードローンについて、分かりやすく解説します。借り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

借り換えローンは借入金利を下げる方法

三井住友,ローン,借り換え
(画像=PIXTA)

借り換えローンとは、あるローン会社A社(または金融機関)から借り入れしている金額を新しい会社B社で借り入れて、A社のローンを完済したのち、B社への返済を続けることです。

借り換えローンとは、それによって金利や利用可能枠などの条件がよくなる場合に用いられる方法です。同様の手法で1社で新しく借り入れを行うことで、複数の会社の借り入れを清算して窓口を一本化することを「おまとめ」と呼び、「借り換え」とは区別されています。

カードローン借り換えのメリットとは?

カードローンサービスを利用した借り換えのメリットとは、一体どのようなものでしょうか。分かりやすく解説します。

・毎月の返済額を低くできる

会社によって、返済方式や金利は違います。例えば借り換えによって、元金定額方式から元利定額方式に変えると、毎月の返済額は一定となります。返済額は一定で、その内訳である元金と利息のバランスが毎回変化していく方法になります。

・金利を低くできる

カードローンの基本として利用限度額が高くなれば高くなるほど、返済の金利は逆に低くなっていきます。つまり、たくさん借りれば借りるほど、金利負担は少なくなるのです。

基本的な金利設定が他社より低い銀行などのカードローンサービスを利用し、なおかつ利用限度額を高い設定にすることで、以前に借り入れをした分よりも金利負担を下げることが可能となります。

借り換えの注意点

ここでは、借り換えを行う場合の注意点を確認していきましょう。

・現状で新規の審査を受ける

借り換えのためにカードローンを申し込むので、現在他社に借り入れがある状態で審査を受けることになります。

消費者金融であれば総量規制があって、年収の1/3を超える借り入れはできません。しかし三井住友銀行カードローンは銀行系なので総量規制の対象にはなりません。しかし、他社の借入額は信用調査で分かるので、審査には多少の影響があることを理解しておきましょう。

・返済額のトータルは増えることがある

借り換えで月々の返済額や金利が下がったとしても、完済までの期間が長くなるので、総額が増えてしまうケースがあることも認識しておきましょう。

借り換えには三井住友銀行カードローンが最適

三井住友銀行カードローンはメガバンクが運営するサービスという信頼感があり、「事業性の資金以外」なら利用目的が問われないフリーローンです。限度額は800万円で、前述のように総量規制の対象外です。

基本的に金利は低めですが、利用限度額が高いほどさらに金利が低くなる設定なので、大きい金額で利用すると有利です。

追加融資も利用可能枠の範囲で何回でも利用でき、余裕があれば繰り上げ返済も、いつでもATMから手数料なしで簡単にできます。これらを総合的に判断すれば、借り換えで利用するのに向いていると考えてよいでしょう。

借り換えのシミュレーションをしてみよう

三井住友銀行の公式サイトで、借り換えのシミュレーションが簡単にできるようになっています。数値を入力すれば、借り換え前と借り換え後の比較ができます。

ただし、その機能自体は住宅ローンなど多額の借り換え用の商材に関するものなので、法律上の手続きにかかる諸経費(印紙代や司法書士の費用、保証料など)も別で計算されます。その部分は無視してリアルな額で試せば、借り換えの効果を知ることができるでしょう。

参考:https://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/karikae_sim.html

三井住友銀行カードローン申請の方法

三井住友銀行カードローンの申し込みは、インターネットによる手続き、電話による申し込み、銀行にあるローン契約機使用の3種類があります。

ここでは、パソコンかスマートフォンから簡単に申し込めるインターネットでの手続きを紹介します。流れは以下のとおりです。

1 申し込み
2 必要書類の提出
3 審査結果の通知
4 カード受け取り

この後、借り入れを行い、既存の借り入れを清算し、その後は月々の最低返済額以上の返済を継続します。必要なときに利用限度額の範囲で、新たな借り入れが自由にできます。

・1 申し込み

三井住友銀行の公式サイトより、パソコンかスマートフォンで必要事項を入力します。

申し込みには「通常お申込」と「かんたん申込」があります。「かんたん申込」は利用可能枠が30万円なので、それ以上の金額で借り換えをするなら「通常お申込」を選びます。

すでに三井住友銀行の普通口座を持っていて、インターネットバンキングに登録をしていれば、一部の入力内容を省略することが可能です。

・2 必要書類の提出

必要書類もオンラインで提出できるので、郵送の必要はありません。顔写真付きの免許証やパスポート、マイナンバーカードや顔写真付きの住民基本台帳カードなどを準備しましょう。借入希望金額が50万円以上の場合、収入証明書が必要になります。

・3 審査結果の通知

審査結果は、最短で翌営業日に分かります。結果は申込時に登録したメールアドレスか電話番号に通知されます。

・4 カード受け取り

三井住友銀行のローン契約機を使用して自分でカードを発行し、すぐに利用することができます。あるいは郵送でカードを受け取ることも可能です。三井住友銀行のキャッシュカードがあれば、ローンカードとして利用できるようになります。

借り入れは、三井住友銀行本支店内のATMや、その他の金融機関およびコンビニなどのATMを使ってできます。借り入れを行って、速やかに既存の借入残高を一括返済しましょう。

三井住友銀行カードローン発行の条件

三井住友銀行カードローンには、カードを発行するための前提条件があると考えられます。詳細は明かされていませんが、想定できるものを挙げておきましょう。

・金融事故の履歴がないこと

審査では他社の借り入れや返済状況も細かくチェックされます。信用情報がブラックであれば、間違いなく審査に通りません。他社できちんと返済をしている実績があれば、よい評価がされる場合もあります。

・安定収入を確保できていること

審査には、収入の安定性が重視されます。アルバイトより正社員、勤続年数も短いより長いほうが収入は安定していると考えられ、審査に通りやすくなります。

勤務先の会社が経営不振になると、減収リスクが高まるため、経営が安定している上場企業あるいは公務員などが審査に有利です。

三井住友銀行カードローンの魅力

メガバンクのカードローンなので、三井住友銀行カードローンには人気があります。具体的な魅力を紹介します。

・融資まで時間が短い

審査結果は最短翌営業日に出ます。他社と比較して、実際の融資までの時間は短いほうだと言えるでしょう。

・返済方法が多彩で便利

返済方法は「ATM」「振り込み」「口座振替」の3種類があります。返済日は5日、15日、25日、月末の4種類から選べます。

「残高スライド元利定額方式」により、毎月の最低返済額返済は残高に応じて設定されます。最低返済額以上に返したいときは、ATMや振り込みで繰り上げの臨時返済も随時可能です。

・金利負担が少ない

三井住友銀行カードローンの金利水準は「年4.0%〜14.5%」の範囲内です。他社と比較すると、かなり低めだと言えます。そして利用者の利用限度額に応じて、金利は変化します。たくさん借りられる場合ほど、金利負担は軽くなります。

【参考:契約極度額に応じたお借入れ利率】

 ご契約極度額  お借入れ利率
 100万円以下  年12.0%~14.5%
 100万円超200万円以下  年10.0%~12.0%
 200万円超300万円以下  年8.0%~10.0%
 300万円超400万円以下  年7.0%~8.0%
 400万円超500万円以下  年6.0%~7.0%
 500万円超600万円以下  年5.0%~6.0%
 600万円超700万円以下  年4.5%~5.0%
 700万円超800万円以下  年4.0%~4.5%
出典:三井住友銀行 カードローン : 三井住友銀行

三井住友銀行カードローン審査は厳しめ

三井住友銀行カードローンは返済方法が多彩で利便性が高いだけでなく、借入金利もかなり低く、利用可能枠が多ければ多いほど設定金利が下がります。それだけに審査基準は厳しいと言えるでしょう。

ただし低い利用額で申請すれば、比較的審査は通りやすいでしょう。カードを持つことができれば、借り入れを利用してきちんと返済するなどの実績を作り、半年以上使ってから増額申請をするという方法もあります。

いずれにしてもローンカードを持つことができれば、借り換えの利用にはかなり有効です。

有利な面が多いので借り換えに挑戦してみよう

審査が厳しい三井住友銀行カードローンですが、一度審査に落ちても、半年ほど期間を空ければ何度でも審査を受けられます。有利な面が非常に多いカードなので、ぜひ他社から借り換えしたいと考えているなら、三井住友銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。