執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

コロナ禍で遠出が躊躇わられるシルバーウィークですが、都心近郊でどう過ごすか悩みどころでしょう。いっそのこと普段はめったに行かないような、どこかノスタルジーを感じさせる“秘境駅”に足を運んでみるのはいかがでしょうか。実は人里離れた場所ではなく、都心からほど近いところにも知られざる穴場があります。今回は比較的気軽に行ける“秘境駅”をご案内します。

海芝浦駅(JR鶴見線)・東京湾を一望できる“海に浮かぶ駅”

秘境,駅
(画像=UpU編集部)

電車からホームに降りると一面に海景色が広がる開放感にあふれたスポット。それが海芝浦駅です。京浜工業地帯を走るJR鶴見線の終着駅の一つであるとともに、東芝エネルギーシステムズ株式会社の事業所に直結した“通勤のための駅”でもあります。駅名は東芝の前身である「芝浦製作所」と海に隣接していることが由来になっているそう。

海芝浦駅の改札は事業所に直結しているため、関係者以外は駅の外に出ることができません。しかし、駅のホームの先に「海芝公園」という小さな公園があり、この場所は一般の人も利用することができます。園内にはベンチが設置されているので、海景色を眺めながらピクニックをしてみるのもいいかもしれませんね。

海芝浦駅は京浜工業地帯の中心部に位置するため、周辺にはたくさんの工場が立ち並んでいます。また鶴見つばさ橋や横浜ベイブリッジをはじめとした、東京湾の美しい景色を臨むこともできます。日中はもちろん夕暮れ後に夜景を楽しむなどロマンチックな時間を過ごすことができるでしょう。

海芝浦駅
住所:神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目
所属路線:JR鶴見線

鎌倉高校前駅(江ノ島電鉄)・湘南の海に面したアニメファンの“聖地”

秘境,駅
(画像=UpU編集部)

江ノ島電鉄の駅のなかでも人気のスポットが鎌倉高校前駅です。“関東の駅百選”にも選ばれたことがあり、海景色を望める駅として知られています。その名の通り、近くに神奈川県立鎌倉高校があり周辺は住宅街になっていますが、特筆すべきはそのロケーションです。目の前に広がる湘南の海が絶景なんです。

海沿いにある駅のホームからは、ベンチに座りながらどこまでも広がる湘南の海を眺めることができます。稲村ヶ崎や三浦半島から江の島、さらに伊豆半島の影まで、その風景は壮観です。また、駅からすぐの七里ヶ浜は、江の島と富士山を一度に見ることができる贅沢なスポットとしても知られています。

さらに駅の近くにある小さな踏切は、人気アニメ『SLAM DUNK』のオープニングシーンに登場する場所でもあります。ほかにも『TARI TARI』や『青い花』、『ハナヤマタ』といった数多くのアニメで鎌倉高校前駅周辺をモチーフにしたシーンが描かれており、ファンのあいだでは“聖地”になっているのです。

鎌倉高校前駅
住所:神奈川県鎌倉市腰越1丁目
所属路線:江ノ島電鉄

国道駅(JR鶴見線)・90年前にタイムスリップした気分になるスポット

秘境,駅
(画像=UpU編集部)

海芝浦駅と同じくJR鶴見線の駅である国道駅は1930年に開業した、歴史を感じさせる高架駅です。開業以来ほぼ改築されていないというその空間は、時間が止まってしまったかのように昭和初期の雰囲気を漂わせています。橋脚に貼られた煉瓦タイルやアーチの形状をした梁などを眺めていると、タイムスリップしたような気分に。

駅入口、向かって右側にある外壁には、複数の穴が開いています。実はこの穴は銃弾の痕!第二次世界大戦末期、米軍による機銃掃射の空襲によって残された傷痕だそうです。

駅の中に入ると探検心をくすぐる狭い通路が続きます。駅員は常駐しておらず、代わりに交通系電子マネー・Suicaのチャージができる自動券売機が設置されていますよ。

国道駅は1987年に放送されたテレビドラマ『男女7人秋物語』など、映画やドラマのロケ地ともなっています。廃墟のようなただならぬ気配に満ちたスポットだけに、写真や映像に収めると一層魅力的に見えるのかもしれません。

国道駅
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目
所属路線:JR鶴見線

土合駅(JR上越線)・異世界への入口!?地下空間へと続く階段

秘境,駅
(画像=UpU編集部)

土合駅は群馬県内最北端に位置する駅です。2013年度までの群馬県統計年鑑によると、1日の利用者は平均20人にも満たない場所で、駅の周辺にはコンビニも見当たりません。しかし鉄道ファンのあいだでは「日本一のモグラ駅」として有名なスポットでもあります。

というのも、駅舎からなんと70メートルも地下へ潜った場所にホームがあるのです。ホームに到着するまでには高低差338メートルにもおよぶ462段の階段を降りなければならず、改札から約10分程度かかります。延々と続く一本道のトンネルは、まるで地下空間へと探検に赴くかのような道行きになっています。

異世界を彷彿とさせる雰囲気を漂わせた駅のホームは、高度経済成長期の1967年に開通した新清水トンネルの中にあります。エレベーターやエスカレーターがないので、徒歩で昇り降りするしかありませんが、階段の途中2ヶ所にはベンチが設置されています。

土合駅
住所:群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽218-2
所属路線:JR上越線

身近な“秘境駅”を探してみよう!

秘境駅といえば、都会から遠く離れた場所にある、人の気配のないひなびた街を想像する人が多いと思います。しかし非日常的な気分に浸ることのできる独特な雰囲気のスポットは、意外と都市の周辺にも存在するようです。普段使い慣れた駅であっても、視点を変えると奇妙な世界への入口へと姿を変えるかもしれませんよ。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」