執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。
※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

自宅でもオフィスでもない……自分にとって第3の居場所「サードプレイス」はありますか?近年注目され、そのあり方も多様化するサードプレイスは、興味のある分野や居心地の良さなどを踏まえ、自分のライフスタイルに合わせて探したいもの。将来の成長にもつながる可能性を秘めた、サードプレイスとして楽しめる場所をご紹介します。

「サードプレイス」とは?

サードプレイス,ビジネス
(画像=sveta/stock.adobe.com)

サードプレイスは、2013年にアメリカの社会学者であるレイ・オルデンバーグの『サードプレイス~コミュニティの核になる「とびきり居心地のよい場所」』により提唱されました。本著書ではサードプレイスについて以下のように説明しています。

「とりたてて行く必要はないが、常連客にとって非常に居心地がよく、それゆえに行きたくなるような場所。会員制にはなっておらず、予約するような場所でもない。いつでもひとりでふらっと立ち寄って、店主やほかの常連客に歓迎される。そして帰りたいと思ったら、いつでも帰ればよい」

出典:財務省「図書館・書店を拠点とした地域活性化への展望~日本における『サードプレイス』の可能性」

ふらりと立ち寄れて、気のあう人たちと交流できる場所があれば、さまざまな情報交換ができそうですね!ではどのような場所を選ぶと良いのか探っていきましょう。

古くから愛され、なおも進化する図書館

古くから「図書館」はさまざまな世代のサードプレイスとして愛され、そのあり方も進化しています。例えば千代田区にある日比谷図書文化館は、1階にカフェ「Library Shop&Café Hibiya」、地下にはレストラン「Library Dining HIBIYA(レストラン)」が入居。レストラン内には図書館の本を持ち込んでもOKなので本を読みながら食事を楽しむこともできますよ!

同図書館ではさまざまなイベントや講座も行われています。大人の知識欲をくすぐるものも多く開催されているため、チェックしてみてはいかがでしょうか。また千代田区立図書館の各館では、新刊書店および古書店の案内や本の購入の手伝いを行うとともに、近隣の新刊書店および古書店の在庫を確認する「書籍購入サポートサービス」も実施しています。

本来の図書館としての枠を飛び出した取り組みを行っているため、自分の知識を深める場所としても交流の場としても活用できるサードプレイスといえるでしょう。ほかにも興味深い取り組みを行っている図書館はたくさんあるので、最寄りの図書館にも足を運んで確認してみてはいかがでしょうか。

※イベントや各種サービスなどは縮小および中止されている場合があります。あらかじめホームページなどでご確認のうえ、ご参加ください。

【日比谷図書文化館】
住所:東京都千代田区日比谷公園1-4
電話番号:03-3502-3340(代表)
営業時間:
[月~金] 10:00~22:00
[土] 10:00~19:00
[日・祝日] 10:00~17:00
定休日:第3月曜、12月29日~1月3日、特別整理期間

【千代田図書館】
住所:東京都千代田区九段南1-2-1千代田区役所9、10階
電話番号:03-5211-4290(代表)
営業時間:
[月~金] 10:00~22:00
[土] 10:00~19:00
[日・祝日]・12月29日~12月31日 10:00~17:00
夏期は9時開館となる期間があります
定休日:第4日曜、1月1日~1月3日、特別整理期間

日本一敷居の低い文豪バー「月に吠える」

ライターや編集者に興味はあるものの、どのような仕事かよく分からず一歩を踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。文豪バー「月に吠える」は、そのような人だけでなく現役の物書きにも居心地の良いサードプレイスになり得る空間でしょう。詩人・萩原朔太郎氏の詩集「月に吠える」が店名の由来という同店は、文学好きなマスターが2012年に始めたお店です。

現役の作家やライターだけではなく本好きの人が多く集まるため、同じような趣味嗜好の人たちと交流が生まれやすいのが特徴です。文豪バーというと難しく考えがちですが、和やかな雰囲気のお店なので文学に詳しくない人でも気軽に楽しめます。イベントなども開催しているので一度足を運んでみてはいがでしょうか。

【日本一敷居の低い文豪バー「月に吠える」】
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り
電話:080-8740-9958
営業時間:
[日~木・土] 19:00~24:00
[金] 19:00~翌5:00
定休日:不定休

サウナ部を結成して部員になろう!

ビジネスパーソンに人気のサウナもサードプレイスとして注目されています。世代を超えて裸の付き合いができるこの施設。気の合う人と一緒にサウナでゆったりと話したり、一人でふらりと出掛けて常連さんとの会話を楽しんだりするなど、さまざまな使い方ができるのがサウナの魅力。

サードプレイスの+α的な要素として興味深い試みをしている団体もあります。サウナを通してビジネスシーンをより活性化したいという思いのもと7社の社員によって設立された「JAPAN SAUNA-BU ALLIANCE」です。同団体によりはじまったサウナ応援プロジェクト「月曜はサウナ部」では、月曜日に同部員と参加サウナ施設へ行くとイオンウォーターがもらえるという「月曜日のゆううつ」を吹き飛ばす試みを2019年にスタートさせました。

火~日曜日は自分のお気に入りのサードプレイスであるサウナでくつろぎ、月曜日だけはサウナ部の仲間と語りながら週のはじまりを爽快に始動させる……そんなライフスタイルも悪くなさそうです。登録は、「月曜はサウナ部」のサイトから行います。まず部員を5名以上集めて独自のサウナ部を結成し、サイトからサウナ部を登録。

部員証をもらって月曜日に部の仲間たちと参加施設へ行くとイオンウォーター900ミリリットルがもらえるそう。同プロジェクトには大手企業も参加しているため、サウナ施設の場所によってはビジネスに有益な交流が生まれる可能性もあり大人の部活動といえそうですね!ぜひ、サードプレイスとしてのサウナとともに活用してみてはいかがでしょうか。

複合型飲食店のミクストラン(ミックス+レストラン)

レストランと他業種が融合した「複合型飲食店」も注目されています。ジムやコインランドリー、ボルダリングなどがレストランと組み、さまざまなタイプのミクストランが誕生。

例えば東京有明にある「VILLARS climbing 有明」ではカフェとクライミングが堪能できるんです。自分の趣味や興味があることをミクストランで楽しむことができれば効率的な時間が過ごせるのではないでしょうか。

2019年3月にホットペッパーグルメ外食総研が調査したアンケートによると複合型飲食店に行ったことがある人は66.7%でした。複合型飲食店へ行く理由の1位は「効率的な時間の使い方ができるから」が45.2%、次いで「飲食することで好きな空間に長時間いられるから」が41.1%とサードプレイスを有効に利用しようという心理が垣間見ることができます。

サードプレイスとしてお気に入りのレストランを探す場合でも、ミクストランのような場所を選択することで、普通に暮らしていては知り合えない分野の人たちと交流が持てる可能性もあります。サードプレイスとしてミクストランを選ぶとさまざまな楽しみ方ができそうですね。

【VILLARS climbing 有明】
住所:東京都江東区有明3-7-3ダイワロイネットホテル東京有明2F
電話:03-5579-6985
営業時間:7:00~22:00
定休日:なし

自分を成長させるサードプレイスを見つけよう

人それぞれ落ち着く場所は異なるでしょう。だからこそ自分ならではのサードプレイスを持っていると気持ちが切り替えやすくなります。同じ趣味嗜好の人たちと知り合いになれる可能性も高く、きっとあなたにとって大切な場所となるはずです。自分らしい空間を楽しめ成長もできるサードプレイスを見つけてみてはいかがでしょうか。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」