執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

ひと昔前まで私たちはモノを手に入れることで満たされ、さらに自動車・時計・ジュエリーなどの高級品を所持することはステータスとされてきました。では私たちは本当にモノで満たされ、モノから“幸せ”を得ることができるのでしょうか――近年、そんな疑問が広がりつつあります。

今、世界の億万長者たちの価値観は

ボーナス
(画像=s chatcharin/stock.adobe.com)

モノがあふれる時代に、世界の億万長者たちはどのような価値観で、どのような生活を送っているのでしょうか。

20代で億万長者となった米フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏が、控えめな乗用車に乗り、ごく一般的な家に住んで世間並みの生活を送りながら、慈善団体を通してさまざまな寄付活動に取り組んでいることは有名です。

ザッカーバーグ氏とともにハーバード大学でフェイスブックを創業し、アメリカの経済誌「フォーブス」が選ぶ『世界一若い億万長者』になったこともあるダスティン・モスコヴィッツ氏も、「モノから幸せを得ることはできない」と述べました。

変化する私たちの価値観

先進国として成長してきた日本ではどうでしょう。高度経済成長期におけるテレビ、洗濯機、冷蔵庫にはじまり、クルマやパソコン、ブランドものの衣類やバッグ、最近ではスマートフォンなどさまざまなモノを手軽に手に入れられるようになりました。

一方で物欲を満たしたところで、ある程度までしか満たされない、あるいはモノを手にすることが必ずしも幸せとは限らないと人々は気づいたのでしょうか――かつては主流だった“モノを信奉する価値観”は、時代が進むにつれ変化しているようです。

消費対象は「モノ」から「コト」へ

「モノ」の消費に代わり、趣味や旅行などの特別な時間や体験、サービスや人との関わりを大切にすることに価値を感じて、近年では「コト」の消費にシフトしていると言われています。遊びや学びなどの体験を重ねることで、充実した生活を送りたいといった心理が働いているようです。

最近は、スマートフォンの普及によりインターネットへのアクセスが手軽になったため、個人がSNSでさまざまな情報を発信できるようになりました。

個人のメディア化が進み、消費者がこぞってインターネットで発信するためのコンテンツ作りに興味を持ちはじめている点も、コト消費をさらに進める要因になっていると言えるでしょう。

ミレニアル世代の感覚と現代のトレンド

消費における時代の変化がある一方で、世代間における思考の変化もポイントとなります。

バブル経済が崩壊しはじめた1990年頃、ちょうどその前後に生まれた世代をミレニアル世代と呼びます。低迷する経済環境の中で育ち“景気が良い”という感覚はほとんど経験していない世代です。

ミレニアル世代が経験してきたのは、デフレ経済が長く続く中で、所得が大きく増加することを期待できないという状況です。そのせいか節約への意識が高く、貯蓄にも意欲的です。

モノを所有する場合は合理性、効率性を重視します。その中で消費において、前の世代とは異なる価値観を育んできているのです。

人と共有するという考え方

その価値観の1つが「シェアリングエコノミー」への共感です。シェアハウスやシェアオフィス、カーシェアなど場所やモノを共有することの価値はさらに拡大し、ここ数年でさまざまなビジネスが登場しています。

不要なモノを“捨てる”のではなく“他人とシェアする”と考えられるフリーマーケットのアプリ版「メルカリ」の躍進や、人気フードデリバリーサービスの「Uber Eats」は、手が空いている人が配達を代行する=労働力をシェアすると考えることができるでしょう。

モノを買う場所から、週末を過ごす場所へ

こうした価値観の変化を受けて、大手小売店の戦略も変化しています。

総合スーパーなどを展開するイオン株式会社は、数年前からコト消費を意識した店舗設計に取り組んでいます。その代表的な例が、アウトレットを主体とする新型ショッピングセンターの出店です。

複合映画館(シネコン)やスケートリンクを併設するなど、モノを売るだけではなくコト消費を意識した店舗づくりを進めています。海外からの観光客も見込むかたちで、ショッピングセンターを観光拠点にもしたい考えです。

今後は、消費者の価値観の変化をいかに現実的に取り込んでいくかが、小売りをはじめとする事業者にとってのテーマになることでしょう。

新たな価値観にどう対応するか

こういった価値観が広がっても、私たちが「モノにまったく価値を感じていない」ということではありません。体験や人との関わりを示す「コト」が重視されるのであれば、どういったモノを、どのようにして手にするかということが重要となるでしょう。

私たちが何に価値を感じ、世代ごとにどんな価値観を持っているかを探ることで、販売戦略をねる企業やビジネスパーソンはもちろん、個人においてもモノとの上手な付き合い方を築いていきたいところです。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」