執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

都市部で働いていると、満員電車での通勤にストレスを感じる人は多いものです。自由に身動きが取れない状況でひたすら我慢しなければならず、出勤前に疲れてしまうなんてこともありますよね。今回は、そんな通勤でのストレスを軽減する方法を5つ紹介します。まずはちょっとした工夫から取り入れて、日々の通勤を少しでも快適なものに近づけていきましょう。

1.通勤ルートに少し変化を加えよう

電車通勤,ライフハック,快適
(画像=naka/stock.adobe.com)

乗車位置をずらす

乗車位置によって車内の混雑率は異なるため、前後にずらすことで混雑が緩和されることがあります。

一般的に、駅の階段やエスカレーターに近い車両は混雑率が高い傾向にあるので、少しでも混雑を避けられる場所を探してみるのも一つの手です。乗り換え案内アプリでも、一部路線の車両別混雑状況がわかる機能や、同様の情報を提供している鉄道会社もあります。

いつも同じ乗車口を利用している場合は、乗り込む位置を変えることで気分も変わり、リフレッシュや新たな発見につながる効果も期待できます。車内での立ち位置によっても人の動きに差が生じるので、できるだけドアから離れた位置を選ぶようにすると乗り降りによる極端な人混みは避けられそうです。

使用する改札口や出口を変更する

改札口や出口が複数ある駅を利用している場合は、いつも使っている改札口や出口を変えてみることで、混雑を回避できるかもしれません。

通勤のピーク時は、多くの人が最短ルートで動こうとするため、限られた場所に人が集中しがちです。そんなときは、少し増える移動距離は運動と考え、利用者が少なく乗り降りや移動がスムーズに行える迂回ルートを選択するのが賢い選択かもしれません。

むしろ時短につながる可能性さえあり、自分のペースで移動できるためストレス軽減にもつながるでしょう。

2.通勤時間の使い方を変えよう

スマホを見るのもはばかられるような混雑状況の場合には、イヤホンで楽しめるラジオやオーディオブックを活用してみてはいかがでしょうか。スペースを余分に取らないメディアを楽しむことで、憂鬱な通勤時間を充実した時間に変えることができます。

また、娯楽として純粋に楽しむのはもちろんですが、最新の経済情報を発信しているラジオ放送での情報収集や、ポッドキャストで英語のリスニングをするなど、自己投資の時間として活用するのも良いでしょう。貴重な朝の時間を有効活用することで、ビジネスパーソンとして気持ち良い1日のスタートにつながります。

3.出勤時間を変えよう

通勤ラッシュで最も混み合う時間は、路線によって多少の差があります。例えば、いつもより少し早起きして、通勤ラッシュの時間を避けることで満員電車のストレス軽減を図ってみてはどうでしょうか。

そして、早めの出勤で生じた余裕の時間は、会社の近くで朝食を取る、ニュースやメールのチェックをする、デスク周りの掃除をするなど、仕事モードに切り替える時間として有効活用することができます。

逆に、出社時間に間に合う範囲で、遅めにずらしても良いでしょう。さまざまな時間帯の電車を利用してみることで、自分の最寄り駅ではどの時間帯が最も混雑するのかが把握でき、自分に適した出社時間を割り出しやすくなります。

4.移動手段を変えよう

いつも利用している電車とは異なる経路の電車やバスを利用するなど、複数の交通機関の出勤ルートを検討してみましょう。

また、場合によっては一駅歩くことが有効な場合もあり、会社からそう離れていない距離ならば自転車や徒歩での出勤へ変更できる人もいるかもしれません。自然に運動不足が解消されダイエット効果も期待できます。何より、通勤ラッシュによるストレスから解放されることは心身の健康にもつながるのではないでしょうか。

5.拠点を変えよう

上記のいずれも効果が見込めなかった場合には、思い切って環境を変えてしまう方法も考えられます。

引越す

住んでいる場所を変えれば、最寄り駅や通勤ルート、利用する線が変わり、満員電車の悩みから解放される可能性が高まります。国土交通省が2019年7月に発表した各路線の混雑率のデータによると、「体が触れ合うが、新聞は読める程度」と定義される混雑率180%を超える首都圏のおもな路線は11路線あります。

【混雑率180%を超えている個別路線(11路線)】
・東京地下鉄東西線:199%
・JR東日本総武緩行線:197%
・JR東日本横須賀線:196%
・JR東日本南武線:189%
・JR東日本東海道線:187%
・東京都日暮里舎人ライナ-:187%
・JR東日本京浜東北線:186%
・JR東日本埼京線:185%
・東急田園都市線:185%
・JR東日本中央快速線:184%
・JR東日本総武快速線:181%

この路線周辺を避けて引越すことが、通勤ラッシュ回避に効果的です。また、上記の沿線上でも、始発駅を利用できるエリアを狙うことで、快適な通勤が実現するかもしれません。電車に乗らなくても済むように、会社から徒歩や自転車圏内に引越すという手もあります。

転職する

引越しと同様、混雑率の高い路線エリア以外にある会社に転職することで、満員電車の回避が望めそうです。また、フレックスタイム制を導入している会社やリモートワークが可能な会社など、働き方の自由度の高い会社を探すのも良いでしょう。

満員電車を回避して、心身の健康を取り戻そう

都会に住んでいると、通勤ラッシュの問題は常についてまわります。それが自分にとってどれほどのストレスになっているのかを見極め、少しでも解決できる糸口を探してみましょう。

通勤時間やその過ごし方を見直すことで、出社後・帰宅後に時間や心の余裕も生まれ、日中のパフォーマンスにも大きく影響してくるはずです。仕方がないものとあきらめず、快適な毎日を過ごすための方法を考えてみましょう。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」