執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

男性の美意識が高まっている現代においてメイクは女性だけのものでなくなってきました。できる営業パーソンなど簡単なメイクを取り入れる人も増えている傾向です。就活男子も証明写真や面接で印象を良くするためにメイクを活用してみてはいかがでしょうか。本記事ではできる営業パーソンがどんなメイクを意識しているのかを解説します。

男性もメイクが当たり前の時代に!?

就活メイク,男子,メンズメイク
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

ビジネスや人付き合いにおいて、見た目の印象は非常に重要です。2019年7月にセリック株式会社が女性経営者を対象に行ったアンケートでは、約98%の人が「働くうえで第一印象は大切だ」と答えています。

また2019年8月に株式会社クロス・マーケティングが行った「男性の美容による調査」によると、自分の美意識が高いと感じている人は「年収が高い人ほど高くなる」ことが分かりました。

就職活動の証明写真の撮影や面接の際、女性はメイクをするのがマナーだとされていますが、男性の場合はどう捉えられているのでしょうか。

「清潔感を増す」「顔の雰囲気を明るくする」などの効果が期待できるのなら、男性でもメイクをしたほうが第一印象アップの効果が期待できます。もちろんメイクのやりすぎはかえってマイナスになってしまいかねません。

ひげを剃るのと同じような感覚で、見た目の印象をメイクでアップさせることはむしろ積極的に意識したいところです。とはいえ何から始めていいのか分からない人も多いのではないでしょうか?そこですぐにでもできるメンズメイクを確認していきます。

きれいな肌、自然に整った眉、潤いとツヤのある唇

就活メイク,男子,メンズメイク
(画像=y-s-harmony/stock.adobe.com)

男性メイクのポイントは大きく分けて「ベースメイク(下地)」「眉」「リップ」の3つに分けることができます。いくら簡単とはいってもいきなりフルメイクするのはちょっと……という人は、眉毛の手入れだけでもだいぶ印象は変わります。

男性の眉メイクは毎日必要なものではなく、週1回程度で十分です。段階的にメイク技術を高めたい場合、まずは眉メイクから始めてみてはいかがでしょうか。

また健康な肌は一朝一夕でなんとかなるものではありません。肌の調子は普段から整えるように心がけておくことが重要です。

総合マーケティングビジネスを行っている株式会社富士経済の男性コスメ市場調査によると、2009年の市場規模は約1,000億円に満たない程度でした。しかし2019年の見込みは1,196億円と10年で約200億円市場規模が拡大してきていることが分かります。

そうした背景もあり、近年は化粧水などでスキンケアをする男性も増加傾向です。メイクには抵抗がある……という人も「風呂上がりや洗顔後には必ず化粧水を付ける」「化粧水を付けた後は必ず乳液を使って潤いを閉じ込める」といった簡単なケアから習慣化してみてはいかがでしょうか。

営業パーソンにとって第一印象は大切。肌の調子がいいと、自分自身の気分も上向くものですよね。それでは続いて具体的なメイクについて見ていきましょう。

シミやクマも隠せる!ベースメイク(下地)

就活メイク,男子,メンズメイク
(画像=Дмитрий Ильченко/stock.adobe.com)

ベースメイクの基本は、化粧下地とコンシーラー、ファンデーションです。化粧下地は、肌の凹凸などを整えてきれいに見せるもの。肌のトーンがアップするだけでなくファンデーションやコンシーラーなどのメイクも長持ちします。

男性の肌は皮脂が多く、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルや毛穴が目立つことも多いですが、それらを隠すことも可能です。

また化粧下地には皮脂崩れを防ぐものもあります。特に皮脂が気になる部分には皮脂崩れ防止の化粧下地を使うのもいいでしょう。

就活メイク,男子,メンズメイク
気になる部分にコンシーラーを(画像=oka/stock.adobe.com)

次にコンシーラーを気になる部分に塗ります。コンシーラーは、「ニキビを隠す」「ひげで青くなっているのを目立たなくする」「目の下のクマを消す」など部分的に使います。肌の色に近いものを使い「塗った感」が出ないようによくなじませましょう。

最後はファンデーションです。女性のメイクとは違うので薄く塗る程度でOK!重要なのは、自分の肌のトーンに合ったものを選ぶことです。自分の肌よりも明るすぎるものを使うと白浮きしてしまいます。

就活メイク,男子,メンズメイク
ファンでの後はパウダーでぼかして自然に(画像=aijiro/stock.adobe.com)

必ずテスターで試し、自分の肌色に近いものを使いましょう。ファンデーションを薄くのばした後にパウダーでぼかせば、より一層自然に仕上がりますよ!

週1回程度で簡単!眉メイク

就活メイク,男子,メンズメイク
(画像=夢見る詩人/stock.adobe.com)

眉の手入れをしない男性も多いですが、少し手を入れるだけで印象がぐっと変わるのが眉です。前述の通り、眉メイクは週1回程度で問題ないため、気軽にトライしてみましょう。

眉メイクにあると便利なのが「眉毛用バサミ」「眉毛用毛抜き」「眉毛用ブラシ&コーム」「アイブロウ」の4つです。アイブロウは眉毛を描くためのものでペンシルタイプのものとパウダータイプのものがあります。

初級者は、眉毛の長さを整えて余分な毛をそるだけでもきれいに見えるでしょう。眉毛は、眉頭から眉尻に向かって毛の流れがあります。ブラシなどで毛の流れに沿って整えながら長さをカットし眉毛の周りに生えている毛をなくしていくとよいでしょう。

余分な毛が少ない人は毛抜きで抜くだけでいいですが、毛抜きを多用すると肌が荒れてしまう人もいるため、そういう場合はシェーバーでケアするのも方法の一つ。

眉毛のカットは少しずつ丁寧に行いましょう。間違ってバッサリと切りすぎてしまうと取り返しがつきません。バランスを保つため、メイク用のペンで目安となるラインを描いてから形を整える方法もあります。

より一層眉をくっきりさせたい人は、アイブロウで眉を描いてみましょう。その場合も、毛の流れに沿って描いていきます。描いた後は、ブラシを使ってぼかすとより自然な感じに仕上がります。

注意点としては、眉頭と眉尻は薄く描くことです。全部を同じ濃さで描いてしまうと「いかにも描きました」という、不自然な眉になってしまいます。

保湿重視でリップのツヤ感をアップ

乾燥してカサカサになった唇は、清潔感がないだけでなく不健康な印象を与えてしまうことがあります。リップを塗って保湿をすることで健康的な印象にしていきましょう。女性と違って、男性のリップは色を付ける必要はありません。保湿タイプのリップを唇全体に塗り、ツヤを出せば十分です。

あくまでもメイクはやりすぎないこと

「男性がメイクをするのは抵抗がある」とためらっている人もいるかもしれません。しかし2019年10月に資生堂が行った「男性のスキンケアと肌や眉を整える等の行為に関する意識調査」によると、約88.8%の女性が「男性のメイクに抵抗がない」と回答しました。

また男性から見た「男性メイクの印象」も、否定的な意見はわずか6.2%。想像以上に男性のメイクが受け入れられていることが分かりますね!

慣れないうちは、肌の手入れや眉を整えるなどの基本的なメイクから始めてみましょう。就職活動はこれまでの人生の中でも大きなインパクトのあるイベントです。第一印象も大切にしてベストな状態で臨めるといいですね。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」