相続対策
(画像=PIXTA)

Q 不動産売買契約書ってどんな書類?どうチェックすればいい?

A 今回は、不動産売買契約書のチェックポイントを解説します。

不動産の売買契約は、通常、不動産売買契約書に売主・買主が署名押印を行うことで成立します。

不動産売買契約書については、まず「だれが作成したのか」を確認する必要があります。不動産仲介会社が作成することが一般的ですが、売主・買主両名で作成することもあります。

仲介業者が作成している場合は、その仲介業者が適正な業者であることを確認する必要もあります。また仲介業者がいない場合には、買う側がリスクを負うことになります。結果的に金融機関もリスクを負うことになるので、より注意が必要です。

不動産売買契約書を作成するのはなぜでしょうか。それは、以下にある事柄を売主と買主がお互いに確認するためです。

・売買の目的物および売買代金
・手付金
・売買代金の支払いの時期、方法等
・売買対象面積、測量、代金精算
・所有権の移転の時期
・引渡しの時期
・引渡し完了前の滅失、毀損
・公租公課等の分担
・瑕疵の責任
・設備の引渡し、修復
・手付解除
・契約違反による解除、違約金
・融資特約

場合によっては、特殊な特約が最後に付いていることがありますので注意してください。

また、不動産売買契約の流れが不自然なものもありますので、納得できるまでヒアリングをする必要があります。

売買金額や融資特約のほか所有権の移転等をチェック