「ねんきん定期便」は、現在の日本年金機構の前身である社会保険庁で、年金記録の漏れや誤りがあり、それにより不利益を被る可能性のある人々の存在が明るみになったことがきっかけで始まった制度です。公的年金制度への加入記録確認などを目的として発送されています。

当然ながら、加入期間や保険料払込実績の記録などに漏れや誤りがあれば、受給できる年金額は変わりますし、受給資格期間が10年に満たなければ、年金はまったく支給されないことになります。

実際には受給資格があるにもかかわらず、自分は年金をもらえないと思い込んでいる人がいるかもしれません。そんな人に対しては、本声かけは非常に意義のあるものといえるでしょう。

ねんきん定期便による加入記録のチェックを案内