アドバイス
(画像=Ni_photo /stock.adobe.com)

家計の見直しや資産形成を行ううえで知っておきたい知識・制度を挙げ、アドバイスする際のポイントを紹介する。

1.キャッシングおよびリボ払いに関する知識
金利水準が高いことや利息総額が増えることを注意喚起

クレジットカードを使いATM等で借入れができる「キャッシング」は、急に現金が必要になったときなどに便利である。

しかし、クレジットカードのキャッシングの金利は年15%〜18%程度と非常に高い。

家計が苦しいというお客様には、相対的に金利が低い(2%〜15%程度)銀行等のカードローンを検討してもらいたい。

そんなキャッシングを利用するうえで気をつけてもらいたいのが、返済方法である。クレジットカードのキャッシングやカードローンの返済方法は「一括返済」が主流だが、昨今は「リボ払い」の利用も増えている。

リボ払いとは、借入額が増えても、毎月返済額は一定額となる返済方法である。そのため月々の返済負担は小さいのだが、借入残高はなかなか減らず、返済が長期化するので支払う利息総額は膨らむことになる。

借金であることを認識してもらう