アドバイス
(画像=wirojsid /stock.adobe.com)

家計の見直しや資産形成を行ううえで知っておきたい知識・制度を挙げ、アドバイスする際のポイントを紹介する。

3.税制優遇がある積立制度
iDeCoなどの利用で有利に資産形成ができることを紹介

将来に備えて資産形成の方法を検討しているお客様は多い。そうしたお客様には、「掛金が所得控除される」「運用益が非課税になる」といった税制優遇が受けられる「iDeCo」を、ぜひ紹介したい。

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、払い込んだ掛金を自ら運用して、原則として60歳以降に受け取る(60歳まで引き出せない)個人年金制度である。運用次第で年金額が変動する「自己責任」の年金ともいわれ、金融機関や証券会社を窓口としてお客様が自ら手続きを行い、 加入することになる。

その大きな特長は、掛金額が全額、所得控除の対象になることだ。所得控除とは、「税金を算出する際、所得金額から差し引く」ことで、差 し引かれた金額には所得税・住民税が課されないので、大きな節税効果が見込める。

ただし、iDeCoの掛金の上限額は、お客様の職業(自営業、会社員、公務員、専業主婦等)によって異なることに注意が必要だ。

また、窓口となる金融機関ごとに運用商品のラインナップや手数料が異なるので、お客様にとってはどの金融機関を利用するかも重要になる。

つみたてNISAも併せて利用してもらう