アドバイスに役立つ
(画像=mapo /stock.adobe.com)

役員の選任はどのような方法で行われるの?不測の事態に備えて気を付けるべきことは何?

今回は、株式会社における役員の選任・解任の方法を解説する。

役員とは、管理監督を行う人材で、一般的に取締役、監査役等をいう。取締役は会社経営において重要な事項を決定する立場にあり、取締役の地位を前提に対外的に会社代表する役員が「代表取締役」である。

一方、監査役は、取締役の職務執行を監査し、健全かつ適正な企業経営を実現する役割を担っている役員である。

こうした役員については、出資者である株主で構成される株主総会の決議で選任することが、会社法によって定められている。

旧商法では取締役の最低人数は3名以上であり取締役会の設置が必要だった。しかし、平成18年、旧商法の改正に伴い施行された会社法で は、取締役は1人以上で良く、取締役会は任意的な設置機関と変更された。なお、取締役会を置く場合は、取締が3人と監査役が1人以上必 要になる。

会社を代表する「代表取締役」は、必ず置く。代表取締役が死亡した場合や解任する場合には新たな代表取締役を選ばなければならない。

取締役会の有無で選任・解任方法は異なる