社長の懐に入るひと工夫
(画像=mapo/stock.adobe.com)

営業成績が良い担当者は気配りができる。業界を問わず、営業成果をあげるための共通項である。しかし、具体的に何を行えば気配り上手といえるのか。

そこで今回は、日々の活動で心がけたい「社長の心をくすぐる気配り術」について解説していきたい。

Q.「もっと気配り上手になれ」と言われた…どうしたらいい?

A. 訪問時には社長の体調に留意して話を切り出そう社内の変化に関する質問も有効

「気配り上手」な営業担当者になるための具体的なポイントは以下の2つだ。

①あえて提案をしない