高齢者のお悩み解消
(画像=beeboys /stock.adobe.com)
お客様のお悩み
「人生100年時代、老後に必要な資金は2000万円」という報道をよく見ました。いま60歳ですが、そんなに資産はありません。本当にそこまでの金額が必要ですか?

日本人の平均寿命は延び続けており、「長生きする可能性」は年々高まっている。また厚生労働省の調査によると、平均寿命は健康寿命に比べて10年ほど長いという。

つまり、長生きしたときに必要となる生活資金や、ケガや病気にかかったときの治療費や療養費を準備しておかなければならない。そうした費用も含めた総合計として、政府は昨年「老後は2000万円必要になる」と発表し、話題になった。

だが、今回のお客様のように、そのような準備をしないまま60歳となり、今後が不安であるという方は多いと思われる。

まず理解してもらいたいのが、「2000万円」という金額は、あくまでもモデルケースの概算に過ぎないということだ。実際に必要となる老 後資金は、個人のライフスタイルに大きく影響される。

目の前にいる高齢のお客様が、本当に2000万円必要なのか、以下の手順で一緒に確認していこう。

将来の収支を確認し資産形成の必要性を把握