執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途 HP等でご確認ください。

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=ryanking999/stock.adobe.com)

新型コロナウイルス対策のため、毎日マスクをするのが当たり前の時代に。メイクをしなくて楽チンという声がある一方で、「メイクが楽しくない」「うまくメイクできない」という人も多いかもしれません。マスクをつけるときのメイクは、どのようにするといいのでしょうか?気をつけたいのは、崩れにくさとやわらかさ。この記事では、マスクメイクのポイントとコスメ選びについてご紹介します。

マスクメイクで押さえておきたいポイント2つ

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=karin/stock.adobe.com)

1. メイク崩れを最小限に抑えるベースメイク

マスクをしていて一番気になるのが、摩擦や蒸れでのメイク崩れ。マスクメイクのポイントは、崩れにくいように仕上げておくことです。

といっても厚塗りするのではなく、あくまでもナチュラルな仕上がりに。後ほど詳しく触れますが、マスクメイクのときは“ベースメイク”に使うコスメ選びにも工夫が必要です。ナチュラルだけど隠したいところはしっかりカバーして、美肌を作っていきましょう。

2. やわらかさを意識したコスメ選び

マスクをしていると口元の表情が見えないため、いつも通りにしていても怖い印象を与えてしまうことがあります。つい気合いを入れてしまいがちなアイメイクも、マスクメイクのときは「やわらかさ」をいつも以上に意識してみましょう。

コスメを選ぶときはマスクをすることを勘案して、アイメイクに限らず色味や仕上がりの質感がやわらかく見えるものをチョイスしてみてください。

これらを踏まえ、具体的にメイクのポイントをチェックしていきましょう。

ベースメイクはCCクリームとコンシーラー

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=miya227/stock.adobe.com)

マスクで口元が覆われている分、マスクメイクでは肌の透明感や血色の良さを演出することが重要です。

厚塗り感なく肌をきれいに見せるために選びたいコスメが「CCクリーム」。毛穴やくすみをカバーしつつ、ナチュラルな美肌に見せてくれます。まずは化粧水でしっかり保湿をしたあとに、マスクをしていても見える部分を中心にCCクリームを塗っていきましょう。

とくに気になる目元は、重ね塗りを。少量を点で置き、薬指で優しく伸ばしてくださいね。口周りは、うっすら塗るだけでOK。

クマが気になる場合は、コンシーラーで隠しておきましょう。リキッドタイプのコンシーラーだと乾燥しにくく、しっかり密着して崩れにくいのでマスクメイクのときにも心強いアイテムです。気になるところをしっかりカバーしてくれる優秀コスメで、あれこれ塗る手間が省けます。

マスクメイクでとくに重要なアイメイク!

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=oka/stock.adobe.com)

アイメイクは明るい色味のクリームシャドウをチョイス

マスクメイクではほぼ目元しか見えないため、眉と目に重点を置いたメイクが今後はトレンドとして続いていきそうです。

やわらかい印象の目元に仕上げるために選びたいアイテムが「クリームシャドウ」。密着度が高く、ヨレの心配もありません。パール感のあるゴールドやオレンジだと、くすみも飛ばしてくれますよ。

塗り方は、指でアイホール全体に広げるだけで完成。グラデーションにしなくても、1色で目元をパッと明るく見せてくれる時短コスメでもあります。

アイブロウは濃くしすぎないよう注意して、ふんわりと

太眉ブームで、濃くはっきりとした眉毛を描いている人も多いのではないでしょうか。つい気合いが入ってしまいがちなアイブロウも、マスクメイクのときは色を乗せすぎないようにふんわり仕上げるのがポイント。

優しい印象に仕上げやすいブラウンのアイブロウペンシルで眉尻から描いていき、眉毛の隙間も埋めていきます。描き終えたら、スクリューブラシを使って眉毛を立たせるのもお忘れなく。このひと手間で、眉毛がふんわりと仕上がりますよ。

チークをつけるなら、いつもより高めの位置に

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=tomoharu-works/stock.adobe.com)

チークを頬骨にそって入れるのは、メイクの基本とされています。しかしマスクをしていると、いつも通り頬骨の位置にチークを入れたとき見えなくなってしまいますよね……。

一方でまったくチークを入れないと、血色感がイマイチ。マスクメイクのときのチークは、いつもより高め、目のすぐ下あたりに入れるのがポイントです。

ちょうどクマができやすいエリアにサッとチークを乗せると、血色が良く見えます。耳たぶにもなじませると、血色感がさらにアップ。頬は見えなくても、位置を工夫するだけでチークの効果を出すことができます。

仕上げのメイクキープアイテムが大活躍!

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=oka/stock.adobe.com)

CCクリームやリキッドタイプのコンシーラーなどを使った崩れにくいメイク法を紹介しましたが、マスクメイクでは仕上げの崩れ防止対策も大事です。すべてのメイクが終わったら、「ミストタイプの化粧水」を吹きかけておきましょう。

これは、メイクキープスプレーやフィックススプレーと呼ばれ、デパコスからプチプラまで各メーカーから販売されています。

メイクを崩れにくくするだけでなく、肌の潤いを保ってきれいに見せてくれる効果も。清涼感成分を配合しているタイプもあるので、マスクで暑くなった顔に吹きかけてリフレッシュしたいときにも使えます。

メイクの仕上げに吹きかけたあとは、外出先にもぜひ携帯しておきたいですね。

マスクは少し大きめサイズで、小顔を狙って

マスク,メイク,時短,コスメ,マスクメイク
(画像=maroke/stock.adobe.com)

一時は深刻な供給不足で、好みを選ぶ余地もなかったマスク。現在では供給も追いつき、好きなデザインや機能性を選べるようになっている地域も多いでしょう。

マスクを選ぶときに意識したいのが、マスクの大きさ。少し大きめのマスクをすることで、小顔に見せることができます。顔に対してマスクが小さすぎると、顔が大きく見えてしまうので要注意。マスクを選ぶときは、サイズ感もチェックしてみてくださいね。

マスクが必須である以上、マスクをファッションアイテムの1つとしてみなしたコーディネートも意識したいところ。マスクの色や柄が、服のテイストとちぐはぐになっていないか全身鏡でチェックしてみてください。アクセサリーや服を選ぶ感覚で、自分の好みに合うマスクを持っておきたいですね。

マスクをしているときもキレイを目指そう!

マスクをしているから、メイクは手抜きでOK?そんなことはありません。マスクをしているからこそ、自分をよりすてきに見せる方法を知っておきたいですよね。美肌とやわらかい印象を演出して、マスクをしているときも美人を目指しましょう。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」