渉外,悩み
(画像=PIXTA)

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。依然として、事態収束の見通しは立っていない。ウィズコロナを見据えた長期的な対応が求められるようになってきている。

こうした中で、大企業を中心に多くの企業が在宅勤務や交代制勤務、業種によっては休業などで感染防止に取り組んでいる。

しかし、金融機関、特に営業店ではそうした対応が容易ではない。地域住民の生活に必要な社会インフラとしての立場もあり、コロナ禍であっても窓口を開いた。感染リスクを感じつつ、お客様への対応を続けた。

もちろん、それは必要なことであるが、現場の担当者には不安や不満がたまってきている。

いま役席などのマネジメント層は、そうした担当者の悩みを把握し、ウィズコロナにおける適切なマネジメントを行っていく必要がある。

感染防止のための対策が課題につながることも…