渉外,悩み
(画像=PIXTA)

【1】営業店の事務を止めないための対策とマネジメント層の対応

事務の業務にも様々な変化が起きている。本稿では、どんな変化が起きたのかを紹介し、それによって求められるマネジメントを解説する。

金融機関は、わが国の社会・経済活動を維持するためのインフラの1つとして、コロナ禍にあっても業務を継続する大きな責任と使命がある。ただ、事務への影響の大きさは注視すべきであろう。

例えば、営業店は一部の店が休業状態になっても一時的には他店で代替可能だが、本部における事務部門やシステム部門が停止すると、全営業店の業務が停止、または制限がかかるなど問題は深刻かつ大規模化する。

現在は多くの金融機関が、営業店の事務処理を本部に集めている。事務の効率化で後方事務員を削減し、より多くの人材を営業に振り向ける目的があるが、ここに落とし穴がある。

感染対策のための施策を講じる