「資産形成」と聞くと、難しく感じる人もいるかもしれない。しかし、いくつかのポイントを理解していれば、誰でも資産形成で生涯資産を増やすことができる。今回は、資産形成の始め方やメリットについて詳しく解説する。

初心者のよくある疑問やおすすめの資産形成の方法も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 資産形成とは
    1. 資産形成と資産運用の違い
    2. なぜ資産形成が必要なのか?
  2. 数字で体感!資産形成のメリットとは
  3. 資産形成にまつわる初心者の疑問
    1. いつ始めればいい?
    2. いくら投資に回せばいい?
    3. どうやって始めればいい?
  4. リスクを抑えて資産形成する2つのポイント
    1. ポイント1.分散投資とは
    2. ポイント2.長期投資とは
  5. 初心者におすすめの資産形成の方法2選
    1. 投資信託
    2. 外貨預金
  6. 資産形成を始める3ステップ
    1. ステップ1.資産形成の目的を決める
    2. ステップ2.資産形成の金額を決める
    3. ステップ3.資産形成の商品を選ぶ
  7. お得に資産形成するには?非課税制度の活用と注意点
  8. 年代別!資産形成で意識すべきこと
    1. 20代の資産形成
    2. 30代の資産形成
    3. 40代の資産形成
  9. 資産形成で望み通りの人生を送ろう

資産形成とは

資産形成
(画像=PIXTA)

まず、資産形成の意味や資産形成が必要な背景について解説する。

資産形成と資産運用の違い

資産形成とは、資産がほとんどない状態から資産を増やすことだ。投資だけでなく、広い意味では貯蓄や節約も資産形成に含まれる。

よく似た言葉に資産運用がある。資産運用とは、既に築いた資産を元手として、さらに利益を得るため、資産を上手に活用することだ。そのため、「資産運用」するための、一定額のまとまった資産を築くまでは、「資産形成」を行う必要がある。その後は、資産運用も活用しつつ、資産形成に励むことになるだろう。

なぜ資産形成が必要なのか?

資産形成の目的は、資産を増やして豊かな人生を送ることだ。より具体的に言い換えれば、「老後の備え」と「倒産・リストラへのリスクヘッジ」といえる。

2019年は老後2,000万円問題が話題になった。一概に誰もが2,000万円あれば安心というわけではないが、公的年金だけで老後の生活費がまかなえないことが明らかになったといえるだろう。退職金として支給される金額は年々減少し、ピーク時の6割ともいわれている。

また、2020年にはコロナウイルスの影響で、中小企業の倒産が相次いだ。帝国データバンクによると、新型コロナウイルス関連倒産は2020年8月21日現在全国で458件にも及ぶ。倒産を免れた企業でも、リストラを余儀なくされるというケースが発生している。

こういった時代背景を考慮すると、給与収入に頼るのではなく、「お金に働いてもらう」ことで積極的に資産形成していく姿勢が大切だろう。

数字で体感!資産形成のメリットとは

続いては、具体的に資産形成のメリットを確認してみよう。

現在、メガバンクの普通預金の金利は0.001%だ。年利0.001%の普通預金で、毎月5万円を積み立てた場合、30年後の資産は1,800万2,693円だ。30年間運用しても、わずか2,693円しか資産は増えていないことがわかる。

一方、年利3%の投資信託で、毎月5万円ずつ購入した場合、30年後の資産は2,913万6,844円だ。運用によって、1,113万6,844円も資産が増えたことがわかる。普通預金と比較しても、その差ははかり知れない。

資産形成にまつわる初心者の疑問

続いて、資産形成にまつわるよくある疑問を紹介していく。

いつ始めればいい?

結論からいうと、すぐにでも始めるべきだ。資産形成の効果は、時間に比例する。そのため、資産形成は早く始めるほどいいといわれている。

最近では20代・30代のうちから資産形成を始める人も多い。むしろ、時間を味方につけることができる20代・30代は、資産形成を始める絶好の機会といえるだろう。

悩んでいる間にも時間は過ぎていくので、機会損失を招かないよう行動を起こすことが大切だ。

いくら投資に回せばいい?

資産形成のために費やすお金は、あくまで余剰資金が望ましい。せっかく資産形成を始めても、生活費が足りなくて取り崩してしまっては、かえって損をしてしまうこともある。現在、まとまった金額が普通預金にあるなら、いざという時のお金を残したうえで、残りを投資に回すといいだろう。

どうやって始めればいい?

資産形成というと、まず「証券口座を開こう」と考える人もいるかもしれない。しかし、最近では銀行口座でも投資商品を購入することができる。

証券口座を開くとなると、書類を郵送するなど、何かと手間がかかる場合もある。口座開設まで期間が空いてしまうことで、せっかくのモチベーションが下がってしまうこともある。また、証券口座で取り扱っている投資商品の中には、ハイリスク・ハイリターンの初心者には向かない商品もある。多くの投資商品を目の前にして、リスクの低い投資商品を選ぶのは困難だ。

その点、銀行口座で取り扱っている商品はリスクの低い商品もあるので、初心者も安心して商品選びができる。これらの観点から、初めて投資をするならまずは銀行口座からスタートするとよいだろう。

リスクを抑えて資産形成する2つのポイント

投資にリスクはつきものだ。しかし、工夫次第でリスクを最小限に抑えることができる。続いては、資産形成のリスクを抑える2つのポイントを紹介する。

ポイント1.分散投資とは

投資の格言に「卵を1つのカゴに盛るな」という言葉がある。すべての卵を1つのカゴに盛っていると、カゴを落とすと卵はすべて割れてしまう。手元には何も残らない。しかし、複数のカゴに卵を入れておけば、1つのカゴが落ちても、他のカゴに入っている卵は無事だ。

投資においても、同じことがいえる。投資に回せる金額が100万円あるとして、100万円で一つの企業の株式を購入することはリスクが高い。企業が倒産すれば、100万円をまるごと失うことになるからだ。

一方、100万円を複数の投資先に投資すれば、どれか1つの運用成果が悪くても、他の投資先がマイナスをカバーしてくれる可能性がある。

ポイント2.長期投資とは

長期投資とは、長期間に渡って投資を継続することだ。

長期投資の反対は、短期投資だ。たとえば、株式投資やFX投資では短期投資が行われることが多い。

短期投資では、見込みのあるベンチャー企業の株式を価格が安いうちに購入し、株価が上がったタイミングで売却することで、売却益を狙うといった方法がある。短期投資は、成功すれば大きな利益が出るという魅力がある一方、ハイリスクであるため初心者には向かない投資方法ともいえる。

企業が確実に成長するか、初心者が見極めることは非常に困難だ。世間的に認知度の低い、株価の安い企業となれば、倒産リスクもそれだけ高くなる。倒産すれば、投資した金額を丸ごと失ってしまうことにもなりかねない。

一方、長期投資では、リスクの低い商品を購入し、時間をかけてじっくり資産形成していくことになる。長期間投資をすることで、利益が積み上がるため、あえてリスクの高い投資商品に手を出す必要もない。時間を味方につけることで、リスクを抑える投資方法が、長期投資だといえるだろう。

初心者におすすめの資産形成の方法2選

続いて、初心者に適したリスクの低い資産形成方法を2つ紹介する。

投資信託

1つ目は投資信託だ。

投資信託とは、投資した金額を、投資のプロが国内外の株式や債券、REITといった投資先に分散投資してくれる投資商品だ。運用を投資のプロに任せることができ、投資信託を1つ購入するだけで、自動的に分散投資が叶う。

投資信託は株式やFXと比べてリスクが低いため、長期投資によってコツコツと資産形成ができる。まさに投資初心者にとって安心感のある投資方法といえるだろう。

外貨預金

2つ目は外貨預金だ。出張や旅行で海外に行く機会があり、海外に関心がある人におすすめだ。

外貨預金とは、日本円で外貨を購入するというシンプルな投資方法だ。日本の預金金利はメガバンクで0.001%と低い水準だが、世界を見渡すと、金利の低い国ばかりではない。外貨を保有することで、高い金利で利息を受け取ることができる。

ただし、外貨預金を始めるなら為替レートに注意が必要だ。為替レートは日々変動しているため、外貨預金を始めるタイミング・日本円に換金するタイミングによっては、損が生じることになる。海外情勢に詳しく、為替レートを読むのが苦にならないなら、外貨預金で安定的に資産形成ができるだろう。

資産形成を始める3ステップ

資産形成の必要性はわかっても、どのように行動を起こせばよいかわからない人は多いだろう。続いて、資産形成を始めるための3つのステップを紹介する。

ステップ1.資産形成の目的を決める

まず、資産形成の目的を考えよう。「何となく」資産形成を始めても、途中で挫折してしまうことがある。モチベーションを維持するためにも、「老後資金を貯めたい」「投資の経験を積みたい」など、資産形成の目的を明確にしよう。

ステップ2.資産形成の金額を決める

続いて、資産形成に回す金額を決める。貯蓄から突発費用を除いたうえで、資産形成に回せる金額を算出しよう。突発費用とは、不定期で発生する出費のことだ。病院代、帰省費用、家具・家電の買い替え費用、車検費用などがある。

ステップ3.資産形成の商品を選ぶ

最後に、投資商品を選ぶ。投資商品は、資産形成の目的や自身の興味関心に応じて選ぶとよいだろう。

たとえば、投資信託の種類は非常に多く国内だけでも6,000本以上あると言われている。この中から、自身のリスク許容度や投資先を勘案して投資先を選択することになる。

中長期にわたって安定的に資産形成を行いたいと考えるのであれば、比較的低リスクと言われている国債やJ-REITを投資対象としているファンドを選ぶという選択肢もあるだろう。 また、ESGなど社会的に注目が集まっているテーマに基づいて投資を行っている投資信託もある。このように自身が興味関心の高いテーマから投資商品を選ぶという方法もあるだろう。

お得に資産形成するには?非課税制度の活用と注意点

資産形成を推し進めるため、政府はiDeCoとNISAという2つの非課税制度を擁している。

iDeCoとは、自分で年金を積み立てる私的年金制度だ。投資した金額を所得税から控除できるため、高い節税効果がある。一方、投資した金額は60歳まで一切引き出すことができない。そのため、iDeCoを活用する際には、どのくらいの金額を投資に回すか慎重に決める必要がある。

NISAとは、一定額までなら運用益にかかる税金が非課税になる制度だ。運用益を税引き前の金額で受け取れるというメリットがある一方で、選べる商品に制限があったり、頻繁に制度変更があったりと、わずらわしさも多い。制度を利用するなら、制度変更の情報にはしっかりアンテナを張っておく必要がある。

年代別!資産形成で意識すべきこと

最後に、年代別の資産形成で意識すべきことを紹介する。

20代の資産形成

20代はとにかく、資産形成を始めることが大事だ。初期投資額は最低金額でもかまわない。資産形成の経験そのものが、投資感覚を磨くことになり、その後の人生で築ける資産を大きく変えてくれるだろう。失敗してもへこたれず、資産形成にチャレンジし続ける姿勢を大切にしたい。

30代の資産形成

30代の資産形成で大切なのは、資産形成に回す金額を最大化することだ。結婚・出産・マイホーム購入など、ライフイベントがてんこ盛りな30代。ライフステージに応じて生活費も変動する。そんな中で、資産形成を継続することが何より大切だ。

40代の資産形成

老後生活への不安が強くなりがちな40代。出口も見越したうえで投資する視点が重要だ。リスクの高い資産よりリスクの低い資産を中心に資産形成するなど、守りの姿勢を大切にしたい。時間の猶予はあまりないので、まだ資産形成をしたことがない人は、すぐにでも始めることが大切だ。

資産形成で望み通りの人生を送ろう

資産形成にいつ取り組み始めるかによって、生涯所得は大きく変動する。お金がすべてではないが、お金があれば人生の選択肢は格段に広がり、いざという時も自分や家族を守ることができるだろう。

預金だけでつつがなく生活できる時代はすでに終わりを告げつつある。今の時代、積極的な資産形成をしてこそ、幸せな人生を自らつかみ取ることができるだろう。