長期投資は、リスクを抑えて資産形成ができる優れた投資方法の一つだ。時間を味方につけてコツコツと資産形成できるため、投資初心者にも向いている。

今回は、長期投資と短期投資の違いや、長期投資のメリット・デメリットをわかりやすく解説する。長期投資を始めたい人はぜひ参考にしてほしい。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 長期投資とは?
  2. 長期投資と短期投資の違い
  3. 長期投資のメリットを活かす方法1.複利効果
    1. 複利効果とは
    2. 複利効果のメリットをシミュレーション
  4. 長期投資のメリットを活かす方法2.ドルコスト平均法
    1. ドルコスト平均法とは
    2. ドルコスト平均法のメリットをシミュレーション
  5. 長期投資にデメリットはあるのか?
  6. 長期投資におすすめの投資商品2選
    1. 1.投資信託
    2. 2.外貨預金
  7. 長期投資の注意点
    1. 余剰資金で投資する
    2. 定期的に成果を確認する
  8. 不安定な時代こそ、長期投資で手堅く資産を築こう

長期投資とは?

長期投資
(画像=PIXTA)

長期投資とは、長期間に亘って投資商品を保有し、運用益を得続けることだ。

一般的に、投資期間が長くなるほど、収益率は平均へと近づき、安定していく傾向がある。つまり、大きく損をしてしまう可能性を減らすことができるのだ。

2、3年で利益をあげたいと考えている場合、2、3年以内に当初の評価額を上回らないと、目標を達成することはできない。しかし長期投資であれば、長期間、投資商品を保有するため、保有期間中に当初の評価額を上回る可能性が高くなる。

これが、長期投資が「リスクを抑えて投資できる方法」といわれている理由だ。

長期投資と短期投資の違い

長期投資の反対は短期投資だ。

短期投資では、短期間で大きな運用益をあげることを目指す。短期投資の具体例としては、株式投資やFX投資などが挙げられる。

短期投資では大きな運用益を狙える一方で、大きく損失を計上してしまう可能性もある。そのため、確実に運用益をあげようと思えば、日々株価の変動をチェックし、売り時を正確に見極めなければならない。ハイリスク・ハイリターンが短期投資の特徴といえるだろう。

その点、長期投資では、長期間かけてコツコツと着実に資産を増やすことを目指す。

長期間に亘って運用益をあげようと思うなら、リスクの高い投資商品にあえて手を出す必要はない。安定的に運用成果を出し続けている投資商品に投資することで、運用益を積み上げていくことができるだろう。また、長期投資では、毎日のように株価をチェックして小さな値動きを追う必要もない。

短期投資は、長期的な資産形成を目指す長期投資とは性格のことなるものだ。単純化するならば、一獲千金を狙うなら短期投資、着実に資産形成したいなら長期投資と考えるとわかりやすいだろう。

長期投資のメリットを活かす方法1.複利効果

長期投資の代表的なメリットである複利効果について説明する。複利効果について理解すれば、投資への見方が大きく変わるだろう。

複利効果とは

複利効果とは、投資で得られた運用益をさらに投資に回すことで、雪だるま式に資産を増やしていくことを表現した言葉だ。複利効果を活用することで、資産形成のスピードを大幅に上げることができる。

複利の反対は単利だ。単利とは、運用益は引き出してしまい、元本だけを運用し続けることをいう。効率的な資産形成のためには、複利効果を活用することが欠かせない。

複利効果のメリットをシミュレーション

実際に、単利と複利の違いを比較してみよう。

たとえば、元金500万円を金利5%で20年間運用した場合を想定する。単利なら、20年後の資産総額は1,000万円だ。運用によって、500万円の運用益が得られたことになる。一方、複利なら20年後の資産総額は約1,327万円だ。運用によって、約827万円の運用益が得られたことになる。

元手は同じでも、単利と比較して、327万円も運用益が増える。元手が大きくなったり、運用期間が長くなれば、この差はさらに大きくなる。これが複利効果だ。

長期投資のメリットを活かす方法2.ドルコスト平均法

続いて、長期投資の2つ目のメリットである、ドルコスト平均法について説明する。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、投資商品を時間を分散して定期的に購入することだ。たとえば、毎月5万円ずつ投資商品を買うことをいう。1年後には、合計60万円投資したことになる。

一方、60万円の資金があったとして、1回で60万円分の投資商品を購入するのが一括投資だ。

ドルコスト平均法のメリットをシミュレーション

ドルコスト平均法のメリットは、価格が低い時に購入量が自動的に増えることだ。たとえば、毎月5万円、半年間に亘って投資商品を購入し、その間に大きな値動きがあった場合を考えてみよう。

ドルコスト平均法
(画像=オリックス銀行)

わかりやすくするために極端な値動きした場合を例示しているが、上図のようにドルコスト平均法では、1口あたりの評価額が下がった場合、自動的に購入数が増える。そのため、評価額が回復した際に、大きな運用益をあげることができる。

ただし、まとまった資産が手元にある場合、一括投資をした方が多くの運用益を得られる。まとまった資金は一括投資に回し、預金感覚で少額をつみたて投資に回すという方法もあるだろう。

長期投資にデメリットはあるのか?

長期投資のデメリットは、短期投資のように短期間で大きな成果を目指すのは難しい点だ。多少のリスクがあってもハイリターンを狙いたいなら、短期投資が適している。

たとえば株式投資の場合、評価額の低い企業の株式を買い、評価額が上がった時点で売却し、売却益を得る。企業が予想通り成長し株価が上がれば、投資額の10倍20倍といった大きな利益をあげることも可能だ。

一方で、投資額が10分の1、20分の1に目減りすることもありうる。最悪の場合は、倒産によって投資額が全く回収できなくなってしまうこともあるだろう。短期投資をする場合も、短期投資のリスクは十分に理解しておくようにしたい。

長期投資におすすめの投資商品2選

続いて、長期投資におすすめの投資商品を紹介する。

1.投資信託

長期投資の代表格ともいえるのが、投資信託だ。

投資信託は、投資家から集めた資金を、投資のプロが国内外の株式・債券に投資し、運用益を投資家に再分配する投資商品だ。

投資信託の1つ目のメリットは、投資先の選定を投資のプロに一任できることだ。

初めて投資をする時、多くの人が最も迷うのが商品選びだろう。また、購入時に投資商品を選んだとしても、その商品が継続的に運用益を生んでくれるとは限らない。時間の経過とともに、投資先を見直す必要があり、これは大きな手間になる。

その点、投資信託なら投資のプロが時代に合わせて最適な投資先を選定してくれる。こういった理由から、投資信託は長期的な視点で投資をしたい人に向いている。

2つ目のメリットは、分散投資によってリスクを抑えられることだ。

1つの投資先にすべての資金を投じてしまうと、評価額が下がった時、大きな痛手を被ることがある。しかし投資信託では、国内外の株式・債券に投資先が分散されるため、1つの投資先の評価額が下がっても、他の投資先がカバーしてくれる可能性がある。

分散投資によって、リスクを抑えて投資できることも投資信託の魅力の1つであり、人気がある理由だ。

2.外貨預金

海外旅行が好きな人や、仕事で海外に行く機会が多い人におすすめなのが、外貨預金だ。

外貨預金とは、日本円を外貨に換えて貯金する方法だ。「換金するだけでなぜ投資になるの?」と考える人もいるだろう。外貨預金で得られるメリットは、利息と為替差益の2つだ。

日本の金利水準は世界的にみても低いが、発展途上国では日本よりはるかに金利の高い国もある。こういった国の通貨を保有することで、高い金利で計算された利息を受け取れる。これが1つ目のメリットだ。

また、日本円を外貨に換える際や、外貨を日本円に換える際は、為替レートに従って計算することになる。そのため、交換のタイミングによっては、為替差益を得られる。これが2つ目のメリットだ。

ただし、外貨預金の場合、為替レートによっては為替差損が発生することがある。また、発展途上国の通貨は金利が高い一方で、さまざまなリスクにさらされてもいる。

そのため、外貨預金を始める場合は、十分な情報収集をしたうえで、リスクがあることを理解して始めるようにしたい。

長期投資の注意点

最後に、長期投資の注意点を2つ紹介する。

余剰資金で投資する

長期投資をするなら、計画性を持って投資を始めることが大切だ。

たとえば、100万円で投資商品を購入したものの、生活費が足りなくなって取り崩してしまうといったことになれば、損失がでる可能性もある。短期で解約してしまっては、そもそも長期投資にならない。

そのため、長期投資ができるだけの余剰資金を投資に回すことが大切だ。

定期的に成果を確認する

長期投資では、短期投資のように日々株価や為替レートをチェックする必要はない。かといって、全く放置しておいていいというわけでもないため、注意が必要だ。

たとえば、年に一度送られてくる年間取引報告書には、きちんと目を通すようにしたい。また、結婚・出産のタイミングや、退職が間近に迫った時点で、資産構成に問題がないか見直すことも大切だ。放置しすぎるのは危険だと理解し、長期投資であっても定期的に運用成果を確認する必要がある。

目次

  1. 長期投資とは?
  2. 長期投資と短期投資の違い
  3. 長期投資のメリットを活かす方法1.複利効果
    1. 複利効果とは
    2. 複利効果のメリットをシミュレーション
  4. 長期投資のメリットを活かす方法2.ドルコスト平均法
    1. ドルコスト平均法とは
    2. ドルコスト平均法のメリットをシミュレーション
  5. 長期投資にデメリットはあるのか?
  6. 長期投資におすすめの投資商品2選
    1. 1.投資信託
    2. 2.外貨預金
  7. 長期投資の注意点
    1. 余剰資金で投資する
    2. 定期的に成果を確認する
  8. 不安定な時代こそ、長期投資で手堅く資産を築こう

不安定な時代こそ、長期投資で手堅く資産を築こう

2020年はコロナショックによって、株価が乱高下する事態が続いた。不安的で先行き不透明な時代こそ、長期投資が力を発揮するタイミングだ。長期投資なら、短期的な値動きに左右されることなく、安定的に資産を積み上げていくことができる。

長期投資を始め、時間を味方につけることで、手堅く資産形成ができるだろう。