執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

湿気が多いうえに暑い日本の夏!そんなムシムシした季節に食べたくなるものといえば、ほどよく酸味の効いたさっぱり料理ですよね!この記事では、コンビニやスーパーで手軽に購入できる食材を使った酸味系料理の簡単レシピを3つ紹介していきます。

アボカドと大根おろしのポン酢サラダ

梅雨,料理,自炊,さっぱり
(画像=UpU編集部)

【材料】
・アボカド 1個
・大根   8分の1本
・ポン酢  適量

テレビ番組で“伝説の家政婦”と称される志麻さんが披露したことで一躍有名になった「アボカドと大根おろしのサラダ」。

元のレシピは「カットしたアボカドに大根おろしとしょうゆ、そしてレモンを絞る」というものですが、本記事ではしょうゆとレモンの代わりにポン酢を使用することでさらに手軽に作れるレシピを紹介します。

【作り方】

  1. アボカドを両断するように縦に包丁を入れ、中核にある大きな種に沿ってクルッと回転させる
  2. 切れ目がつながったらアボカドを2つに割る
  3. 果肉に埋まった種は包丁の付け根にある“あご”の部分を使ってかき出す
  4. さらにアボカドの皮を丁寧にむいてお好みのサイズにスライス
  5. 写真のようにお皿に盛り付け、大根おろしをアボカドに乗せて適量のポン酢をかけたら完成

用意する食材と調味料は3種類、調理時間は約3分とまったく手のかからない料理です。アボカドの濃厚さとポン酢と大根おろしのさっぱり感が見事にマッチしたその味はまさに絶品!超お手軽料理でありながら見た目も華やかなので、ちょっとした“インスタ映え”も狙えるかもしれませんね。

サラダチキンの梅肉和え

梅雨,料理,自炊,さっぱり
(画像=UpU編集部)

【材料】
・サラダチキン 100グラム
・梅干し    2粒
・きゅうり   2分の1本
・塩      少々

こちらも非常に簡単な料理でありながら手の込んだ印象を与えることができる一品です。

蒸し鶏を一から作るとなるとなかなか手がかかりますが、コンビニやスーパーで購入できるサラダチキンを使えば調理時間をぐっと短縮できます。こだわりすぎず気楽なスタンスで料理に臨むことが、日々の自炊のハードルを下げるポイントです。

【作り方】

  1. サラダチキンを開封し写真のように食べやすい大きさに身をほぐす
  2. きゅうりを一口大の半分ほどにカットし、味がなじみやすいように少しだけ塩を振っておく
  3. まな板の上で梅干しの種を外した果肉を包丁で細かく刻む
  4. 果肉がペースト状になったらサラダチキンときゅうりに軽く和えて完成

梅干しの酸味と塩気に鶏肉の旨味が絡み合い、口の中で爽やかな香りが広がる夏の時期にぴったりの一品です。

サラダチキンを使ったお手軽レシピでありながらも、本格的な和食料理店の小鉢のようなクオリティに驚くはず!このままでも副菜やおつまみにピッタリですが、冷たいぶっかけうどんやそうめんのトッピングとしても活躍してくれます。

豚と野菜のオイスー炒め

梅雨,料理,自炊,さっぱり
(画像=UpU編集部)

【材料(2人前)】
・豚肉切り落とし  300グラム
・ナス       2本
・ピーマン     2個
・キャベツ     4分の1玉
・玉ねぎ      2分の1玉
・オイスターソース 大さじ1(15ミリリットル)
・酢        大さじ1(15ミリリットル)
・ごま油      大さじ1(15ミリリットル)
・にんにく     1欠
・塩        適量
・コショウ     適量

“オイスー”とは友人間のラフなあいさつではなく、オイスターソースと酢を1対1の割合で合わせたソースのことを指します。多くの調味料を組み合わせることなく、濃厚な旨味とまろやかな酸味を両立できる点がポイントです。“オイスー”を使うことで、食欲がおとろえがちな夏にピッタリのおかずに仕上がります。

【作り方】

  1. ナス、ピーマン、キャベツ、玉ねぎを食べやすい大きさに乱切りにする(カット野菜を使ってもOK)
  2. ボウルにオイスターソースと酢を入れて、あらかじめオイスーソースを用意しておく
  3. 大きめのフライパンに細かく刻んだにんにくを投入してごま油で熱する
  4. 油の温度が充分に高まったら豚肉を投入する(肉のひと塊が大きい場合は、事前にひと口大にカットする)
  5. 豚肉にほどよく火が通った段階で野菜を投入し、塩・こしょうを振ってベースの味付けをする
  6. 最後にオイスーソースを入れ、ざっと炒めて全体に味がなじんだら完成

お手軽で白米との相性も抜群のオイスー炒め。無理なく野菜をたっぷり摂ることができ、栄養バランスもバッチリです。時間に余裕があるときは、仕上げに水溶き片栗粉を入れてとろみを出すことでさらに美味しく味わうことができます。

疲労回復、ダイエット、減塩……味だけじゃない酸味料理の魅力

梅干しや柑橘類に含まれるクエン酸には疲労回復効果があり、酢に含まれる酢酸は脂肪の蓄積を抑えてくれるため近年はダイエット食品としても注目を集めています。これらに酸味を加えることで味にメリハリができ、結果的に減塩効果まで期待できるいいことずくめの酸味料理を夏の献立に加えてみてはいかがでしょうか?(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」