執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

新型コロナウイルスの影響により2020年の音楽イベントが軒並み中止または延期……そんななか、いわゆる“3密”を避けて音楽を楽しむことができるインターネット上でのライブ配信に注目が集まっています。しかしライブハウスで公演するのとは違い、チケット代やドリンク代が取れるわけではないので、収益を得るのは難しいところです。ではライブ配信で収益を得るにはどのようにすればいいのでしょうか?今回、2020年6月で前店舗での営業を終了し、準備期間を経て9月に撮影スタジオに移転。そこで本格的に配信事業をスタートさせた沖縄県那覇市のライブハウス「G-shelter」のスタッフにお話を伺いました。

配信事業に移行した理由

ビジネス,音楽,ライブ
(画像=dziurek/stock.adobe.com)

──2004年に宜野湾市我如古(がねこ)の地下スペースからスタートしたG-shelterですが、2013年に那覇市安里(あさと)へと移転し、これまでバンドやアイドル、DJ、さらにトークのイベントなど文化の発信地として沖縄のシーンを支えてきました。しかしコロナ禍を受けて那覇市安里での店舗営業を2020年6月末で終了。なぜ大胆な決断に踏み切ったのでしょうか。

G-shelter:取引先の規模感が大きくなってきていたので、もともと広いスペースに引っ越す予定でした。けれどもコロナ禍で広い場所に引っ越すメリットがなくなってしまって……。

とはいえスケール感を落としても仕方がないので、今後の業態を考えたときに、ある程度の規模のスタジオがいいだろうと思っていました。そんなタイミングで、那覇空港近くで撮影スタジオとして使える理想の物件と巡り会うことができたんです。

──約7年続いた那覇市安里の店舗から那覇空港付近の撮影スタジオへと移転しました。あくまでも店舗営業をメインにオプションとして配信を手がけているライブハウスが数多くあるなか、インターネットの配信事業をメインに選んだ理由は。

G-shelter:なぜ配信事業に踏み切ったかというと、現状音楽業界でライブビジネスとして成立しそうなものが今のところ配信しかない状況だったからです。もちろん生のライブ自体がなくなることは望んでいません。

ただコロナ禍でライブハウス業態にしがみついても良い結果を生まないだろうという予感はしていました。まともな形で復活するのはかなり先になると思うので、その間しっかりと仕事となるものに対してアプローチしていきたいと思って音楽ライブができる撮影スタジオに引っ越すことに決めたんです。

配信事業での収益の上げ方

──それでは具体的にどのように収益を得ているのでしょうか。

G-shelter:今のところ配信ライブはどれも実験的で試行錯誤している状態です。ただマイクロビジネスとしては思ったよりも収益がありました。収益の獲得方法としては、まずはたくさんの方に見ていただきたかったので配信自体は無料で公開しました。

その代わり配信ライブを視聴しているリスナーの方にネットショップを見ていただいてTシャツなどのグッズを通販で買っていただいたんです。

──そのほか視聴者を増やすため、また収益を上げるために取り組まれていることはありますか。

G-shelter:基本的にはSNSで主導して、配信する映像コンテンツやネットショップにSNSから直接飛べる状態を作りました。それとドネーションが入ったら映像コンテンツの画面上に具体的な数字が出るようにしたんですね。

配信事業では制作側と視聴者がインタラクティヴであることが重要だと思うんです。そのためにも具体的に「あなたのお金が反映されていますよ」というドネーションの“見える化”にも取り組みました。

助成金を活用するという手段も

──現実問題として、それで十分な収益を上げることはできているのでしょうか。

G-shelter:今、ライブハウスが配信ビジネスを行うと、国や自治体から助成金が下りるのでそれを利用しながらやらせていただいています。売り上げ以外の形である程度の制作費をいただけるなかで運営しているんです。

もちろん本当は最初から配信ビジネスだけで運営していきたいところですが、実際問題として今はそういう状況にはありません。ただ生き残り方としては他のライブハウス運営者の方にとっても参考になるようなことはやれているのかなとは思います。

──とはいえ、やはりインターネット上での配信ライブは通常のライブとは別物ですよね?

G-shelter:ライブハウスでやっていることを配信で代替することは不可能だと感じています。ただ撮影スタジオという環境でミュージシャンたちも思っていなかったような表現ができる機会なら作れると思って。配信がメインでありつつも、将来的には現場へ来たい人が来ることができるような形を目指しています。

DOMMUNE(2010年から続くライブストリーミングスタジオ兼チャンネル)があったので配信事業を始めるにあたってどんなふうに運営すればいいのかはイメージしやすかったですね。

配信ならではの強みを見つけよう!

通常のライブハウスだと会場の周辺に在住していないとなかなか足を運ぶことができません。しかし配信ライブであれば遠く離れた場所にいてもイベントを視聴することができます。コンテンツとしてもビジネスとしても生のライブとは異なる配信ならではの強みを探していくことが今後は重要になってくるのかもしれませんね。

【取材協力 G-shelter (Gシェルター)】
音楽と自由を掲げる沖縄のライブハウス。2020年6月で那覇市安里の店舗を終了し那覇空港近くのスタジオを拠点にしたインターネットでの配信事業へ移行。
Tel : 090-7585-7598 クロサワ(管理人)

(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」