執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

秋は新米をはじめとする収穫の季節。生鮮食品のコーナーには、松茸や栗、さつまいもなど多様な山の幸が並びます。また、秋刀魚や鮭、鯵や鰹など、新鮮な魚介類が食卓に並ぶのもうれしいものです。夏の暑さで食欲を失いがちな人も、こうした秋の味覚には魅了されるはず!そこで今回は、食欲の秋にぜひとも食べたい魅力的な食材と、それを美味しく食べられる東京都内の素敵なお店を紹介していきましょう。

東京で楽しむ秋の味覚5選

秋の味覚,料理,スイーツ
(画像=sakura/stock.adobe.com)

東京には日本中から旬の味覚が集まってきます。では、秋に旬を迎える食材5つについて見ていきましょう。また、それぞれの食材を巧みに使った美味しい料理を提供するお店も合わせてチェック!

1.脂の乗った「秋鮭&イクラ」

秋の味覚,料理,スイーツ
(画像=sasazawa/stock.adobe.com)

鮭は9月から11月にかけて産卵のため故郷の川へ戻ります。この川のぼりを成功させるため、鮭は体に栄養分をたっぷりと蓄えていますから、身に脂が乗っているというわけです。またメスの鮭からは新鮮な卵(筋子)がたくさんとれます。

この秋の味覚を存分に堪能したいのなら、神楽坂にある魚沼釜飯と新潟郷土料理のお店「つみき」がいいでしょう。看板メニューは「鮭とイクラのはらこ釜飯」。1人前1,090円(税込)で、2人前から注文することができます。

ふんわりと炊き上げた南魚沼産コシヒカリの上に、脂の乗った鮭とイクラがたっぷりと乗っていて、見た目にも鮮やか!鮭から取った出汁の味もしっかりとしていて、口に入れるたびに旨味が広がっていきます。

【基本情報】
店名:新潟地酒 魚沼釜飯と新潟郷土料理 つみき 神楽坂
住所:東京都新宿区神楽坂4-3 楽山ビル3F
営業時間:
[平日]17:00~23:30 (L.O.22:30)
[土•日•祝]17:00~23:00 (L.O.22:00)
定休日:年末年始はお休み
Tel:050-5871-1272(予約専用番号) 、03-5206-8647(お問い合わせ専用番号)
アクセス:JR飯田橋駅 徒歩3分、都営大江戸線 牛込神楽坂駅 徒歩5分

2.低カロリーで女性にうれしい「きのこ」

秋の味覚,料理,スイーツ
(画像=funny-face/stock.adobe.com)

エリンギや舞茸をはじめとして、多くのきのこは毎年秋になると胞子を大量に放出します。それが徐々に成長して収穫に適した大きさになるのがちょうど1年後の秋となるのです。松茸や椎茸も同じサイクルで秋に旬を迎えます。

きのこがたっぷりと食べられるお店と言えば、恵比寿にある和食ダイニング「森の机」。7種類以上のきのこがたっぷりと入った「きのことろろ鍋」はおいしくてヘルシーです。

きのことろろ鍋の単品は5,800円(税別)でおよそ4人前あるので、1人か2人で注文する場合は1,800円(税別)の小鍋メニューを選ぶとよいでしょう。鍋に残ったスープで作る卵雑炊も絶品!きのこの旨味が凝縮した出汁を最後まで味わい尽くすことができます。

【基本情報】
店名:和食ダイニング 森の机
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-18-9 TIMEZONEヒルトップビル3F
営業時間:
[月~金]ディナー18:00~24:00(L.O.23:00)
[土•祝]ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜
※月曜祝日の場合は日曜営業。日曜も貸切の場合には営業。
Tel:050-3464-5677
アクセス:JR恵比寿駅 徒歩5分、地下鉄日比谷線 恵比寿駅 徒歩5分

3.秋の味覚の代表格「さつまいも」

秋の味覚,料理,スイーツ
(画像=gontabunta/stock.adobe.com)

さつまいもの植え付けの最盛期は5月。それから収穫に適した大きさに成長するまでにはおよそ5ヵ月必要です。ですから、秋が深まる10月以降になると、さまざまな種類のさつまいもが市場に出回って、食卓にも頻繁に登場するようになります。

さつまいもを使ったお洒落なスイーツで人気を博しているのが、東京駅八重洲口に隣接する大丸デパート10階の「茶寮都路里(さりょうつじり)」。このお店で提供されている「おいもさんパフェ」(1,485円 税込)には、一口サイズにカットされたさつまいもがふんだんに盛り付けられています。

ホイップクリームのように滑らかなさつまいもクリームは極上の口当たり!さつまいもの甘露煮との相性も抜群です!

【基本情報】
店名:茶寮都路里 大丸東京店
住所:東京都千代田区東京駅八重洲北口 大丸東京店 10F
営業時間:
10:00~20:00(L.O.19:30)
[木•金のみ] 10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定休
Tel:03-3214-3322
アクセス:JR東京駅 八重洲北口改札を出てすぐ

4.食事にもスイーツにも「栗」

秋の味覚,料理,スイーツ
(画像=nasion/stock.adobe.com)

栗の開花は6月初旬。そこから徐々に実が大きくなり、収穫に適したサイズになるのは9月中旬以降となります。そのため、9月から10月にかけて、栗を使った季節限定の料理やスイーツが数多く登場するのです。

栗を使った料理で舌鼓を打ちたい人は、渋谷区富ヶ谷にある和栗モンブラン専門店の「Mont Blanc STYLE」をチェックしましょう。数あるスイーツのなかでも圧倒的な人気を誇るのが「モンブランデセル」。レギュラーサイズは1,112円(税別)、ラージサイズは1,389円(税別)となっています。

栗だけでなく生乳や卵などもすべて厳選した国産素材を使用。作り立てのモンブランクリームをたっぷりと使ったスイーツで、鮮度にこだわっているため、テイクアウトは一切不可。ぜひ店舗で珠玉の逸品を味わってみましょう。

【基本情報】
店名:Mont Blanc STYLE
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-3-3
営業時間:11:50〜閉店時間目安18:00(平日)、19:00(土•日)
定休日:水曜
※7、8月は畑作業のため火曜、水曜が定休日
(畑作業のため以下の期間に臨時休業有り)
Tel:電話での連絡は基本不可
アクセス:小田急線代々木八幡駅 徒歩2分、千代田線代々木公園駅 徒歩2分

5.甘くておいしい「ぶどう」

ぶどうは毎年5月中旬~6月中旬に開花します。比較的実が小さい品種は8月に収穫ができる一方、シャインマスカットなど果実が大きな品種はややゆっくりと成長するので、9月から11月が食べごろです。ぶどうの甘みを心ゆくまで味わいたいなら、目黒や新宿、横浜、新越谷など都内外に7店舗を展開する「果実園リーベル」ははずせないでしょう。

秋にお店を訪れるならチェックしたいのが季節限定の「シャインマスカットパフェ」。店舗によって価格が異なりますが、新宿店では3,500円(税別)で提供しています。作り置きはせず、注文が入るごとに熟練のスタッフが丁寧に作ってくれます。

とてもジューシーなシャインマスカットが芸術的なカットで盛り付けられています。ぶどうを堪能するならこのパフェで決まりです!

【基本情報】
店名:果実園リーベル 新宿店
住所:東京都渋谷区代々木2-7-7南新宿277ビルB1
営業時間:
[月~土] 7:30~23:00 (L.O.22:30)
[日] 7:30~22:00 (L.O.21:30)
定休日:無休
Tel:03-6276-8252
アクセス:
JR新宿駅南口 徒歩2分、小田急線新宿駅南口 徒歩3分
京王線新線新宿駅•都営大江戸線新宿駅 徒歩3分

秋の味覚を生かしたメニューは魅力的

食欲の秋には味覚を刺激する美味しい食材がたくさんあり、期間限定の美味しいメニューも数多く登場します。素材の旨味を生かした素朴な料理から、技巧を生かしたお洒落なスイーツまで、美味しい秋の味を堪能しましょう!(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」