取引先が抱えるこんな悩みにはこのようにアドバイスしよう 受注・発注に関する悩み
(画像=PIXTA)

6. 受注が減ったので新たな販路を開拓したい

製造業では近年、国際分業が進んでおり、海外からの部品調達なしに製品・商品の生産活動は成り立たないといっても過言ではない。

ところが、今回の新型コロナの感染拡大によって、中国をはじめとする海外で企業・工場が操業を停止、または大幅な減産に追い込まれたことから、多くの原材料、部品、製品(以下、部品等)の供給が途絶え、国内の生産活動に大きな影響が生じている。

このような国際的なサプライチェーンの崩壊は、国内製造業においてはマイナスの影響ばかりがクローズアップされるが、視点を変えると新たなビジネス機会として捉えることができよう。この点を踏まえて受注が減ったという企業には次のようなアドバイスを行いたい。

国内調達の動きが高まっているだけに…