ボラティリティが大きいコロナ相場
(画像=takasu/stock.adobe.com)

変動が激しいコロナ相場に一喜一憂することなく、お客様に合理的な投資行動を促すうえで必要となるのが「投資メンタルマネジメント」や「行動コーチング」のスキルだ。ここではその基本を解説したい。

市場の動きに一喜一憂しないために

今回のコロナ禍では、3月中旬から下旬までの株価急落(コロナショック)と、その後6月上旬にかけての株価急騰(コロナバブル)に一喜一憂し、右往左往した投資家も多かったのではないだろうか。

また、投資家であるお客様にアドバイスを行う立場であるFP自身も、市場変動のあまりのスピードに付いていけず、お客様が相場の大幅な下落時に慌てて投げ売りしてしまうことを止められなかったという話を聞く。

さらには、まだここから下がるという恐怖に駆られ、リバランスの観点から株式へのシフトを行う顧客提案を躊躇してしまい、急反発の動きを取り逃してしまったとの話も耳にする。

FP自身が、今回のようなマーケットの動きに一喜一憂・右往左往することなく、お客様に合理的な投資行動を促し、中長期的な資産形成につなげていただくためにはどうしたらいいのか。

それには、「投資メンタルマネジメント」や「行動コーチング」のスキルを身につけることが大事になってくる。