社会が大きく
(画像=Khunatorn/stock.adobe.com)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内外を問わず生活スタイルが大きく変貌しつつある。FPが提供するサービスもまた、変化を余儀なくされることだろう。

では、これからの時代のライフプランニングにはどんなことが必要となるのか?第一線で活躍する2名のFPにライフプランの“今”と“これから”を語ってもらった。

コロナ禍の中でお客様の相談を受けていてまず痛感したのは、家計の固定費を低く抑えておくことの大切さだった。

固定費が低く抑えられている方は、今回のような非常事態になり、収入が大きく減る状況になっても、何とかやっていくことができてい る。

固定費を低く抑える重要性は、従来から繰り返し徹底してお客様にアドバイスしてきたことだが、それが正しかったことが、今回実証されたと思う。

また同様に、当たり前と言えば当たり前の話だが、しっかり貯蓄があるかどうかが、家計の安定性を大きく左右している。これも、コロナ禍の中での家計相談を通じて、改めて痛感したことだ。

近年、不動産価格がどんどん高くなる中で、無理をしてでもマイホームを買う人が後を絶たなかった。無理な住宅購入は貯蓄をなくし、固定費を上げる。結果、家計はギリギリの状態になってしまう。

住宅購入後のキャッシュフローをシミュレーションし、その結果が何とかやっていけるというものであれば、それを信用して購入する。ただ、ギリギリを攻めるような住宅購入をした方は、何かトラブルがあったときに苦労することになる。

一方、ストレスをかけて厳しめに試算し「ここまでのことが起こっても大丈夫」というところまで考えて住宅を購入した人は、今回のコロナ禍のような非常事態が起こっても何とか踏みとどまっている。

相談に来られたお客様にこういった話をさせてもらうと、今はこれまで以上に納得感を持って聞いていただける。

今回のコロナ禍は、ライフプランを考えるうえで、家計の固定費を抑えることや、貯蓄の重要性を改めて認識する機会になったと思う。

リモートワークの拡がりで住宅購入が変化?