買い付けしている投資対象物の価格が下落した時、平均買付コストを下げるため、買い増しすること。売り付けている投資対象が上昇した場合、売り増しすること。平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。ただし、更に値下がりもしくは値上がりした場合、損失額は大きくなる。