確認
(画像=PIXTA)

1. こんな工夫でラインナップや顧客属性を把握しよう

年功序列、終身雇用といった横並び一直線の時代が終わり、個人は一人ひとりで異なる「ライフプランニング」が重視される時代になった。その傾向は今後ますます強まると考えられる。

投資信託の提案でも、お客様一人ひとりの属性や資産状況を正確に把握し、自行庫の 商品ラインナップの中から最適な商品を提案することが、今後より一層重要になってくる。自行庫の商品ラインナップの把握と顧客属性を的確に捉えることは、提案する際の最低限のマナーである。

普段の会話を通して資産情報などを把握