お客様をトラブルから守る 保険の案内・説明方法
(画像=PIXTA)

保険の定期点検を促すため、どのような声かけが有効になるのかについて解説します。


自動車などと同じように、保険にも「定期点検」が必要です。なぜならライフステージや、そのときどきの家族の状況などによって、必要な保障金額は変わってくるからです。

例えば、独身のときは死亡保険金は少額でも構いませんが、結婚したら配偶者のためにある程度の死亡保険金を用意しておきたいものです。さらに、子どもができ、独立するまでは万一の際、遺された家族の生活を支えるため、大きな金額の死亡保険金が必要です。やがて子どもが社会人になり、自立するようになれば、死亡保険金は少なくてよくなるでしょう。

また、若いうちは、老後の生活を豊かにするために、「 自分年金」を個人年金保険などで作ることが有効ですが、実際にセカンドライフに入ったら、家族に「遺す」ための終身保険を検討するお客様が多くなります。

では、どのように定期点検を促す声かけをすればよいのでしょうか。以下に、4つ例を挙げます。

ライフステージ等から定期点検の話につなげる