アメリカで販売された新築住宅の売買契約が結ばれた時点の件数で、景気(住宅)関連の経済指標。毎月、米国商務省が全米および4つの地域別(北東部、中西部、南部、西部)の新築住宅の販売件数や販売価格などを発表し、また一戸建てに加えて、コンドミニアムと共同住宅を含めた数字も発表される。ちなみに、この新築住宅販売については、土地付きの新築住宅販売が対象であり、既に保有する土地へ住宅を新築したものは含まないとのこと。
一般に新築住宅販売件数は、中古住宅販売件数と同様、個人(消費者)の景気見通しが強く反映されているため、景気動向の先行指標として注目されている。なお、新築住宅販売件数が契約書への署名ベースであるのに対して、中古住宅販売件数が所有権移転完了ベースであることから、統計のタイミングの違いにより、新築住宅販売件数の方がより先行性が高いと言われる。