主張
(画像=PIXTA)

決算書は情報の宝庫!「財務の先生」となり社長の心をつかもう

経営者は誰もが「お金回りの良い会社にしたい!」と願っている。ところが、財務リテラシーが高い社長は少ないのが実情だ。黒字でも資金繰りに困る要因を理解していない、金融機関が財務面で優良だと判断してもその理由が分からない、決算書を読めないし、そもそも読んでいない――。決算書を難しく考えて敬遠し、その結果、勘と経験で経営を判断してしまう。

決算書を入手できるのは金融機関の強み