超低金利時代の終わりが見えないなかで、預貯金以外で資産を運用することを検討している人も多いだろう。ここでは、初心者でも始めやすい金融商品として「投資信託」を紹介する。

投資信託ならわずかな資金でも投資を始めることができる。初心者でもポイントを押さえておけば、投資信託で投資家としての一歩を踏み出すことができる。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 初心者だけど投資の一歩を踏み出したい
  2. 投資初心者でも投資信託なら手軽に投資デビュー
  3. 投資信託とはどのような商品なのか?
  4. 投資信託が初心者にオススメな理由
    1. 投資信託は少額から投資を始めることができる
    2. 投資信託はプロが代わりに運用
    3. 投資信託なら簡単に分散投資
    4. 投資信託は扱う金融機関が多い
  5. 初心者が投資信託を購入する際の注意点
    1. 投資信託には元本保証がない
    2. 投資信託は目論見書をしっかり見て確認すべき
  6. 初心者は投資信託をどう選ぶべきか?
    1. コストを意識して投資信託を選ぶ
    2. 複雑な設計の投資信託は避けたい
  7. お得な制度を利用することも
  8. まずは少額で投資信託を買ってみよう

初心者だけど投資の一歩を踏み出したい

投資信託
(画像=PIXTA)

日本の家計金融資産は現金・預金が5割以上を占めている。言い換えれば、各世帯の資産の大半が現金または預貯金に眠っている状況で、これは諸外国と比較してとても高い比率だ。

しかし、現金からはもちろん利息は受け取れず、預貯金でも超低金利が続く状況下で受け取れる利息はわずかだ。各種メディアで老後の資金不足問題が報じられるなか、何か一歩を踏み出さなければいけないと感じている人も多いのではないだろうか。

投資初心者でも投資信託なら手軽に投資デビュー

いざ投資を始めようとしても、何から手をつけていいか迷うかもしれない。よく耳にする金融商品でも、株式、公社債、投資信託、保険、FXなど様々な種類がある。また、不動産や暗号資産(仮想通貨)を投資対象とすることも一般的になってきた。その中でも、特に初心者におすすめできるのは「投資信託」だ。

これから投資を始めてみたいという初心者であっても、投資信託なら手軽に投資デビューできるはずだ。

投資信託とはどのような商品なのか?

投資信託とは、多くの投資家から集めた小口の資金を一つにまとめて、運用会社が株式や債券などに投資を行い、その運用成果が投資家それぞれの投資金額に応じて分配される金融商品だ。

つまり投資信託は、運用会社に在籍する資産運用の専門家が様々な金融商品を組み合わせて作った投資のパッケージ商品である。投資家はこの投資信託というパッケージを購入することで、資産を運用することができる。

投資信託の価格(基準価額)は日々変動する。投資信託購入後に、運用が好調であれば価格は上昇し投資家は値上がり益を得ることができる。一方、運用成果が悪ければ価格が下がり、投資家が損失を被ることもある。

投資信託は銀行の預金とは異なり元本保証がない金融商品だが、投資の初心者にも向いている。投資信託なら高度な金融知識は必要とされず、少額から投資ができるからだ。

投資信託が初心者にオススメな理由

具体的に投資信託が初心者にオススメである理由を解説していく。

投資信託は少額から投資を始めることができる

投資信託での投資は多額の資金を準備する必要がなく、少額から始められるので初心者でも安心だ。

株式や社債に投資しようとすると、数百万円の資金が必要となることもある。だが、投資信託は投資家の小口資金をまとめて大きな資金とすることで、それらに投資している。

投資信託なら、投資を始めるからと言って、まとまった資金を用意する必要はない。大半の投資信託は1万円程度から購入できる。

投資信託はプロが代わりに運用

投資信託は、運用会社に在籍する投資のプロが代わりに運用してくれる。

株式にしても債券にしても、投資を始めるには、それなりの知識が必要となる。また、金融市場は日々変化している。個人がこうした投資知識を身につけたうえで、市場の動きを日々ウォッチし続けるのは簡単なことではない。

投資信託なら、金融に詳しい投資の専門家が、投資家に代わって運用してくれる。投資家は自分が運用を任せたい投資信託を選ぶだけだ。

投資信託なら簡単に分散投資

投資信託なら簡単に分散投資ができることも初心者におすすめできるポイントだ。

分散投資とは、投資先を1つの資産に限定するのではなく、複数の資産に分けて投資することをいう。分散投資は投資の基本と言われるほど、大切なことだ。

例えば、1つの企業株式だけに資金を投資していたとしよう。この場合、この企業が倒産して、株式の価値がゼロになってしまった場合、資金のすべてを失うことになってしまう。だが、異なる2社に資金を振り分けて投資していたとすれば、仮に1社が倒産してもその影響は限定的だ。投資先が2社ではなく、数十社、数百社あれば、そのうちの1社が倒産したとしても、その影響は投資資産全体としてはわずかだ。このように複数の企業に分散することで、リスクを抑えることができる。

とはいえ、個人が数十社、数百社の株式を購入するのは、時間的にも資金的にも現実的ではない。

投資信託は、もともとこうした分散投資の考え方から生まれた金融商品だ。小口の資金を集めて、様々な資産に分散して投資してくれる。投資信託を購入するだけで、投資家は分散投資が実現できるのだ。

投資信託は扱う金融機関が多い

投資信託は多くの金融機関で扱われている。投資家は自身のニーズに合わせて、金融機関や販売経路を選ぶことができる。

投資や資産運用というと証券会社を連想するかもしれないが、投資信託を販売している金融機関は証券会社だけではない。投資信託は、株式と違い、銀行でも販売することができる金融商品だ。実際、多くの銀行で投資信託を取扱っている。

銀行、証券会社の他にも、保険会社や信用金庫などが扱っている。また、運用会社が金融機関を経由せずに直接投資家に販売しているケースもある。

普段利用している銀行で投資信託の相談をしてみることもできるだろう。銀行という生活に密着した身近な金融機関で相談できるのは心強い。

近年は、インターネットで取引ができる金融機関が増えている。そのため、多くの銀行や証券会社の店舗に行くことなく、インターネットを介した手続きのみでも投資信託を購入することが可能だ。初心者でもスマートフォンの操作だけで、簡単に投資信託を購入できる。また、電話で投資信託の相談や販売を受け付けている金融機関もある。

初心者が投資信託を購入する際の注意点

様々な理由から初心者におすすめしたい投資信託だが、注意点もある。

投資信託には元本保証がない

投資信託には元本の保証がないので注意したい。

投資信託は基本的に値動きがある資産(株式、債券など)で運用されるため、投資信託の価格(基準価額)は日々変動する。株式市場、為替、金利、政治など様々な事柄が価格に影響を及ぼす要因となり得る。したがって、運用成果がプラスになることもあれば、反対にマイナスになることもあり得る。結果として元本を下回ることもある。

これは預貯金と大きく異なる点なので注意したい。この点をよく理解しないで投資信託を購入すると、損失を被った際にショックを受けることになりかねない。

投資信託は目論見書をしっかり見て確認すべき

投資信託は種類も多く投資対象も様々だ。そのため、投資信託を購入する前には、事前にその投資信託についてよく確認しなくてはならない。各投資信託の詳細は「交付目論見書 」をみることで確認できる。

交付目論見書には、その投資信託が何を目的として、何に投資しているかが記載されている。また、過去の運用実績や手数料の詳細など、投資家が投資信託を購入する前に確認しておきたい内容がそろっている。

投資信託は初心者でも始めやすい金融商品であるが、少なくともこの交付目論見書を確認してその投資信託について理解しておく必要がある。初心者におすすめできる商品とはいえ、最低限の確認を怠ってはいけない。

初心者は投資信託をどう選ぶべきか?

初めて投資信託を購入する場合、どのように選んでいけばよいだろうか。

コストを意識して投資信託を選ぶ

まずは、投資信託にかかる手数料に注目したい。投資信託には、購入金額に対して1~4%程度の販売手数料がかかるものもあるからだ。

例えば、「販売手数料」が購入金額に対して2.2%(税込)と定められている投資信託は、10万円購入すると2,200円の販売手数料を金融機関に支払わなければならない。

10万円(購入金額) × 2.2%(手数料率) = 2,200円(販売手数料)

最近は、販売手数料ゼロで販売される投資信託(ノーロードファンド)も一般的になってきており、種類や本数も多い。初心者の場合、この販売手数料がかからない投資信託の中から探していくことができるだろう。

複雑な設計の投資信託は避けたい

投資信託は種類も豊富で投資家に多くの選択肢を提供してくれるが、中には上級者向けのものもある。初心者は仕組みが複雑でリスクが高い投資信託を避けた方がいいだろう。

例えば、「ブル型」の投資信託だ。先物取引などを積極的に活用することにより、少ない金額で資産運用して、何倍もの投資成果を狙う投資信託である。ブル型の投資信託は、一般的な投資信託よりも値動きが大きくなるため、大きなリターンが狙える一方、市場の動向によっては大きな損失を被る可能性もあるのだ。

そのほか、「複雑な仕組債」を組み入れたものや市場と反対の値動きをするもの「ベア型」の投資信託も、上級者向けと言えるかもしれない。

お得な制度を利用することも

投資を始めることを後押しするために、行政も各種の税制優遇制度を用意している。投資信託に関係するものとして、NISA(少額投資非課税制度)、つみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)などがあり、それぞれ特徴があるが、どれも投資家の税負担を軽減してくれる制度だ。

制度の詳しい説明は割愛するが、こうした制度を上手く活用して投資信託での投資を始めることも検討したい。

まずは少額で投資信託を買ってみよう

投資信託は元本保証がないので、運用成果がマイナスになることもあり得る。初心者にとっては、元本が割れることに対する心理的な負担は小さくないだろう。損失が大きくなればなおさらだ。

だが、まとまった資金がなくても、投資が始められるのが投資信託のメリットである。はじめての投資であれば、まずは少額でいくつかの投資信託を購入してみることもできる。

自分に合った投資信託を見つけて、小さくとも、ぜひ投資家としての第一歩を踏み出してほしい。