製造業やサービス業の購買担当者を対象にアンケート調査を行い、新規受注・生産高・雇用などの指数に一定のウエイトを掛けて算出する指数のこと。「PMI」とも呼ばれる。企業の購買担当者を対象にした景況感調査の結果であると言える。これは、世界の多くの国で用いられている経済指標で、マーケットにおいては、ISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数(米国)、中国製造業購買担当者景気指数(中国)、ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(ユーロ圏)などが注目されている。一般に本指数は、景況感の改善と悪化の分岐点となるのが50で、通常、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示唆すると言われている。なお、日本においては、日本資材管理協会が「JMMA製造業PMI」を毎月公表しているが、注目度はあまり高くない。