銀行
(画像=PIXTA)

合併特例法により、地域内シェアが寡占化しても経営統合が実現していく。

9月5日、共同通信の報道で青森県に動揺が広がった。同じ県内の地方銀行である青森銀行とみちのく銀行が経営統合に向けて協議しているという内容だ。持株会社設立を通じて経営統合し、来年春にも資産査定を始めるという。

両行が昨年10月に包括提携で合意していることもあって統合が実現するとの見方は強まり、地元紙などのメディア各社が後を追って報道。しかし9月7日、青森銀行とみちのく銀行はともに「経営統合を前提とした協議は行っていない」と報道を否定した。

ハードルは高くない?合併特例法の要件