帝国データバンク
(画像=PIXTA)

金融機関は顧客データを十分に活かせているか!?綿密な分析で良質な提案を

新型コロナウイルス発生から半年が過ぎた。当初は、この危機を乗り越えるために緊急融資を依頼し、持続化給付金を受け取り、なんとかしのいできた中小企業も、コロナの影響は長丁場だと分かると、将来のことを考えるようになる。

後継者問題を抱えている経営者は、この際、廃業しようか、もしくは他社に任せようかという気持ちが強くなっているだろう。果たして地域金融機関は、こうした経営者の悩みに寄り添っていると、自信をもって言えるだろうか。

顧客データを分析すれば必要な支援が見えてくる