指数や指標などの数値が大型連休や年度末などの季節性、社会的慣習・制度により変動する場合、調整すること。例えば、4月に新規求職申込件数の増加、ゴールデンウィーク中の観光事業の盛り上がりなど。