日本銀行などの中央銀行が、物価、為替相場安定、安定成長などの政策目標を達成するため、適切な金融政策の下で、通貨発行量を管理する制度。正貨(金)準備の増減によって銀行券発行高が拘束される金本位制度と対比される。管理通貨制度では、紙幣価値をその国の信頼が保証するため、国の政治経済が混乱すれば、紙幣価値も下がる。