職場
(画像=PIXTA)

金融機関としてできること――コロナ下のいま経営者ともっと会話をしてほしい

コンサルタントとして独立して1年半、これまで様々な中小企業の経営者と接してきた。皆さん、総じて熱心で、熱意がある。日々、懸命に仕事に取り組んでいる。しかし、金融機関との付き合い方に大変苦労している。

経営者の一番の悩みは、「金融機関が何を考えているのか分からない」ということだ。どのような基準で融資の可否が決まるのか、自社の借入金利は他社に比べて高いのか低いのか、格付とは何か――といったことが分からない。

態度が急に変わることに経営者は戸惑う