お客様が抱きがちな疑問
(画像=doucefleur /stock.adobe.com)

贈与に関してよく聞かれるお客様の質問を挙げ、適切な回答例などを紹介します。

Q4 私が子どもに贈与したら税金を納めるのは私だよね?年末に納めればいいの?

A.贈与税は、財産をもらった人(受贈者)が申告および納付します。毎年1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産を、翌年2月1日から3月15日までの間に申告します。原則として金銭で一括納付しなければなりません。お子様に贈与した財産、またはお子様の固有の財産の中から金銭を用意して贈与税を納めることになります

贈与税という名称ですが、贈与者が負担するわけではありません。贈与により財産を受け取った受贈者側に税金を負担する力があると考えられ、贈与税は受贈者が負担することとされています。

受贈者ごとに贈与税の計算をするため、110万円の非課税枠も受贈者ごとに適用されます。例えば、子ども3人に100万円ずつ合計300万円を贈与した場合には、受贈者である子どもごとに110万円の非課税枠が適用されます。1年間に贈与を受けた金額が110万円以下であれば、贈与税の申告義務はありません。

なお、受贈者が納めるべき贈与税を贈与者が負担した場合、その行為が贈与行為となり、その贈与税を負担した年の贈与財産に含まれることになるので注意が必要です。

金銭一括納付が原則だが…