ケースで学ぶ
(画像=石井雅夫 /stock.adobe.com)

ここでは、贈与に関するよくあるニーズを挙げ、アドバイスに必要な知識を解説します。

ケース④ 将来的に1000万円を子どもに渡したいので「毎年100万円を渡す」契約書を作ろうと思っている

ケースで学ぶ
(画像=バンクビジネス)

子どもに対して生前贈与を考えている親は多くいると思います。相続対策を考えるうえで子どもへの贈与による財産移転は、時間と税コストをかけることによって効果をもたらします。

例えば、毎年の110万円の基礎控除額を活用し、毎年100万円ずつ10年にわたり贈与します。これで合計1000万円を、無税で子どもに渡すことが可能となります。この形を「連年贈与」といいます。

定期贈与は合計額へ課税