ケースで学ぶ
(画像=snowing12 /stock.adobe.com)

ここでは、贈与に関するよくあるニーズを挙げ、アドバイスに必要な知識を解説します。

ケース⑤ 特定の子どもに多めに財産を渡したいので多めに贈与しようと思っている

ケースで学ぶ
(画像=バンクビジネス)

親が子どもに対し財産の移転を行う方法には、生前贈与があります。生前贈与は相続対策として有効ですが、推定相続人が複数存在し、特定の者に財産を多く承継させたい場合、他の推定相続人の遺留分を侵害しないよう注意してもらうことが大切です。

遺留分とは一定の相続人(配偶者、直系卑属、直系尊属)に保証されている最低限の相続分で、具体的には次のようになります。

配偶者と子が相続人である場合は配偶者が4分の1・子が4分の1、配偶者と父母の場合は配偶者が3分1・父母が6分の1、子のみの場合は2分の1です。また配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者が2分の1・兄弟姉妹には遺留分はありません。相続人が子2人の場合、それぞれの法定相続分は2分の1、遺留分は4分の1です。