フローで理解する
(画像=Monster Ztudio /stock.adobe.com)

Q.抵当権(根抵当権)とは何?設定についてどのように対応すればいいの?

A. 抵当権とは、債権者(金融機関)が所有権にかかわらず土地や建物等を処分(売却)・換金(換価)により債権(融資金)の回収を図ることができる権利のことです。

この場合の土地や建物等を「担保物件」、担保物件上にこの権利を置くことを「抵当権を設定する」といいます。また、債権者を「抵当権者」、担保物件の所有者を「抵当権設定者」と呼びます。抵当権に相対する債権は「被担保債権」といわれます。抵当権の設定は一般的に債権(融資)の回収(返済)ができなくなったときの備えとして、融資と同時またはあらかじめ設定されます。なお、設定後の担保物件追加も可能です。

抵当権には金額の定めがあり、「抵当権設定額」または「根抵当権設定極度額﹂といわれます。

担保物件上には複数の抵当権が設定されることがあります。この場合、抵当権の権利行使の優先順番(順位)は早い者勝ちですが、先順位抵当権者の承諾により、後順位抵当権者が先順位または同順位となることができます。なお、担保物件の処分による換金額がすべて先順位抵当権者の債権回収に充てられた場合、後順位抵当権者は債権回収ができなくなります。

また実務上、土地や建物等に対する不動産担保の取扱いがほとんどです。金融機関(抵当権者)と所有者(抵当権設定者)との契約は抵当権設定契約といい、債務者が所有者(抵当権設定者)を兼ねる場合もよくあります。

抵当権には、(普通)抵当権と根抵当権の2種類があり、例えば以下のような違いがあります。

根抵当権には付従性や随伴性がない